海外FXのスワップポイントを解説!業者比較やトレード手法、注意点なども

スワップポイント Top 海外FX

海外FXのスワップポイントが分かりにくいという人も多いですよね。

また、

  • そもそもスワップポイントとは
  • 国内FXと海外FXでスワップに差はあるのか
  • ブローカーによっても差があるのか
  • スワップポイントの高い通貨ペアが知りたい

などのお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、海外FXのスワップポイントについて徹底的に解説していきます。

具体的には、

  1. 海外FX業者と国内FX業者のスワップポイントの違い
  2. 海外FXでスワップ狙いのトレートがおすすめな理由
  3. 各ブローカーのスワップポイントの比較
  4. スワップポイントを効率的に獲得する方法
  5. 計算方法や注意点

の順番で、重要なポイントのみをまとめています。

これから海外FXを始めようとしている人には、特に読んでいただきたい内容となっていますので、ぜひご一読ください。

  1. そもそもスワップポイントとは
  2. 海外FX業者と国内FX業者では、スワップポイントにも違いがある
    1. 海外FX業者の強み~マイナー通貨ペアのスワップポイントが狙える~
    2. 海外FX業者の弱み~スワップポイントが業者によってマチマチ~
  3. 海外FXでスワップ狙いのトレードがオススメできる理由2つ!
    1. スプレッドの広さが利益にあまり関係しない
    2. 国内FX業者に比べロスカットされにくい
  4. 海外FX業者のスワップポイントを比較!
  5. より多くのスワップポイントを獲得するコツ
    1. エントリーのタイミングや取引数量を見極める
    2. ドルコスト平均法でエントリーする
    3. 両建てトレードを行う~海外FX業者によっては禁止している場合アリ~
      1. 両建てならgemforexがオススメ
    4. 海外FXのスワップポイントに関する評判~Twitterで調査~
    5. 海外FX業者のボーナスも活用してお得にトレードする!
      1. XM Trading(エックスエムトレーディング)
      2. HotForex(ホットフォレックス)
      3. iForex(アイフォレックス)
  6. スワップポイントの計算方法を解説~XM Tradingの場合~
    1. XM Tradingのスワップポイントの確認方法
      1. XM Tradingスワップ計算機がオススメ
      2. XM Tradingのスワップ計算式を解説
    2. 年間のスワップポイントを計算する方法は?
  7. 海外FXのスワップポイントに関する注意点5つ
    1. ロスカットに備え、取引数量は控えめにする
    2. 高すぎるレバレッジは危険
    3. スワップポイントが反映されるタイミングによってポイント量が違う
    4. スワップポイントの出金は出来ない
    5. スワップポイントで儲けが出たら税金がかかる
  8. まとめ|海外FXでスワップポイントを狙うなら分散投資がオススメ

そもそもスワップポイントとは

まずはスワップポイントの意味から確認していきましょう。

スワップポイントとは、金利差調整分とも呼ばれ、2カ国間の政策金利の差から得られる利益のことです。

日本の円やアメリカのドルなど、どの通貨であってもその国の政策金利があり、外貨の取引を行うとその金利差が発生します。

FXでは、この金利差分を日々調整する決まりとなっているため、スワップポイントが発生します。

仮に日本円の金利が0.1%、ドルが1.0%だったとし、日本円でドルを買い、ポジションを保有したとします。

この場合、2ヶ国間の金利差は0.9%あり、ドルの方が金利が高いため、毎日0.9%のスワップポイントを獲得することができます。

逆にドルで日本円を買い、ポジションを保有した場合は、 毎日0.9%のスワップポイントを払うことになります。

また実際のスワップポイントは、海外FXブローカーで自由に定められていますが、基本的には各国の金利差があればあるほど、スワップポイントは高くなります。

海外FX業者と国内FX業者では、スワップポイントにも違いがある

swappoint02

では次に海外FX業者と国内FX業者のスワップポイントの違いについてご紹介していきます。

基本的に海外FXのスワップポイントは国内FXと意味は同じですが、次のような違いもあります。

  • 海外FX業者の方が取扱通貨ペアが多い
  • 海外FXでは各ブローカーのスワップポイントに差がある

ではさらに細かく見ていきましょう。

海外FX業者の強み~マイナー通貨ペアのスワップポイントが狙える~

海外FXブローカーは、国内の業者に比べて取り扱っている通貨ペアが多い傾向にあります。

国内FX業者では、取り扱っていないようなマイナーな通貨ペアを取り扱っていることもあり、マイナー通貨ペアのスワップポイントを狙ったトレードが可能です。

またマイナーな通貨ペアは、スワップポイントが高いことが多く、スワップポイントを狙ったトレードで利益をあげやすい特徴があります。

さらに国内FX業者よりも海外FX業者の方がスワップポイントが高いこともあり、この点が海外FXの強みの一つです。

海外FX業者の弱み~スワップポイントが業者によってマチマチ~

海外FX業者の場合、金利の設定が業者によってマチマチです。
(国内FXであれば、ほとんど一緒です)

高金利の通貨と言われる通貨であっても、ブローカーによっては金利の設定が低くスワップポイント狙いのトレードが上手くできない場合もあります。

そのため、スワップポイント狙いのトレードをする場合は、前もって海外FX業者のスワップポイントを比較するようにしましょう。

また、海外FX業者で米ドル/円やユーロ/米ドルなどのメジャーな通貨のスワップポイントを狙ったトレードはあまりオススメしません。

というのも、メジャーな通貨ペアのスワップポイントの場合、国内FX業者の方が条件が良い場合が多いためです。

海外FXでスワップ狙いのトレードがオススメできる理由2つ!

swappoint01

ではここから海外FXでスワップポイントを狙ったトレードがオススメできる理由を解説していきます。

具体的には次の2つです。

  • 高いレバレッジをかけて資金効率を高められる
  • 国内FX業者に比べてロスカット水準が低い

海外FXでは、国内FXとは比べ物にならないほどの高いレバレッジをかけることが可能です。

そのため、少ない資金でも多くのポジションを保有することができ、スワップポイントも多く獲得することが可能です。

またロスカット水準が低いことから、ロスカットがされにくく長期にわたりポジションを保有することもできます。

このような理由からスワップ狙いのトレードは、海外FXの方がオススメと言えるです。

スプレッドの広さが利益にあまり関係しない

海外FXブローカーのデメリットとして、スプレッドの広さがあげられます。

特にマイナー通貨ペアほど、スプレッドが広くなりがちです。

しかしスワップポイントを狙ったトレードであれば、頻繁に取引せず、長期間ポジションを保有するだけですから、そのデメリットもあまり影響しません。

この点も海外FXでスワップ狙いのトレードがオススメな理由といえますね。

国内FX業者に比べロスカットされにくい

先ほどもご紹介いたしましたが、国内FXに比べ海外FX方がロスカット水準が低くロスカットされにくいというメリットがあります。

やはりスワップポイント狙いのトレードで気をつけなければならないのは、ロスカット。

ロスカット水準が高いとレートの変動に耐えられず、簡単にロスカットされてしまう可能性が考えられます。

ここで国内FX業者と海外FX業者のロスカット水準をまとめてみますね。

◯国内FX業者のロスカット水準まとめ

  • 外為オンライン:20%
  • インヴァスト証券:100%
  • FXブロードネット:100%
  • YJFX:50%
  • 楽天証券:50%
  • 外為どっとコム:100%
  • ヒロセ通商:100%
  • SBI証券:30%
  • マネックス証券:20%〜50%
  • DMM.com証券:60%
  • GMOクリック証券:50%
  • OANDA Japan 株式会社:50%

◯海外FX業者のロスカット水準まとめ

全体的に海外FX業者の方がロスカット水準が低いことがわかります。

また海外FX業者であれば、高いレバレッジをかけることができ、少ない資金で多くのスワップポイントを狙うことができます。

そのため、資金をあまり用意できないFX初心者でも手軽にスワップ狙いのトレードができるメリットもありますね。

海外FX業者のスワップポイントを比較!

swappoint04

ではここで、有名な海外FX業者のスワップポイント比較していきましょう。

具体的には、次の3社のスワップポイントをまとめています。

  • XM Trading
  • TitanFX
  • AXIORY

各ブローカーのスワップポイント(売りポジションの場合)は下記の通りです。

ただマイナススワップについては記述しておりません。

通貨ペア XM Trading TitanFX AXIORY
USD/ZAR
米ドル/南アフリカランド
147.10 128.3 131.3
USD/TRY
米ドル/トルコリラ
182.3 132.5
USD/MXN
米ドル/メキシコペソ
150.9
USD/RUB
米ドル/ロシアルーブル
412.5 1057.6
GBP/TRY
英ポンド/トルコリラ
170.3
EUR/ZAR
ユーロ/南アフリカランド
277.8 202.1 165.8
EUR/TRY
ユーロ/トルコリラ
263.6 133.6
EUR/MXN
ユーロ/メキシコペソ
93.1
EUR/RUB
ユーロ/ロシアルーブル
422.4 1240.26
CHF/ZAR
スイスフラン/南アフリカランド
158.9

※1lotにつき10万通貨でのトレードが前提です。
スワップポイントは変動するため、参考データとして捉えて下さい。

より多くのスワップポイントを獲得するコツ

ではここから海外FXでより多くのスワップポイントを受け取るコツをご紹介していきます。

具体的な方法は、次の3つです。

  • エントリーのタイミングや取引数量を見極める
  • ドルコスト平均法でエントリーする
  • 両建てトレードを行う

やはりポイントになるのは、できるだけ長期間ポジションを保有すること。

では詳しくみていきましょう。

エントリーのタイミングや取引数量を見極める

スワップポイント狙いのトレードで最も大切なことは、ロスカットされないことです。

そのためには、エントリーのポイントや十分な証拠金維持率の確保が必要です。

多くのスワップポイントが得られるからといって、ポジションをたくさん保有すると証拠金維持率が低くなってしまい、ロスカットの危険性が高くなります。

また長期的なトレンドも視野に入れて、エントリータイミングも見極めるようにしましょう。

ドルコスト平均法でエントリーする

そもそもドルコスト平均法とは、常に一定の金額で時間を分けて定期的に購入していくトレード手法のこと。

具体的には、毎月同じ日に同じ金額分の通貨ペアを購入し続けるなどです。

この手法は、特に長期間の資産形成などで用いられますが、スワップ狙いのトレードでも有効。

またスワップポイントの高い通貨ペアは、一般的にレートの変動が激しくトレンドが読みにくいという背景があります。

例えば、高スワップ通貨のトルコリラを全力買いし、ポジションを保有した後にレートが急落し、含み損を抱えてしまった場合、決済ができず塩漬けになってしまいます。
(スワップポイントは決済しないともらえないですからね)

そうならないためにも購入時期を分散させ、リスクを最小限に留めることで手堅くスワップポイントを受け取ることができるようになります。

両建てトレードを行う~海外FX業者によっては禁止している場合アリ~

スワップポイント狙いのトレードでは、両建てトレードもオススメです。

もちろん禁止しているブローカーもいますので、各海外FXブローカーの両建てトレードの扱いについて表で簡単にまとめますね。

海外FX業者 同じ口座内の両建て 複数口座の両建て 異業者間での両建て
XMTrading OK NG NG
AXIORY OK OK OK
TitanFX OK OK OK
HotForex OK NG NG
iForex OK NG NG
FBS OK OK OK
Tradeview OK OK OK
GemForex OK OK OK

スワップ狙いのトレードで上手く両建てを活用するには、次の条件を満たしている必要があります。

  1. 同一口座で両建てが可能
  2. 売りスワップ+買いスワップの合計がプラス

さらに海外FX業者の中には、売りポジション・買いポジションの両方でスワップポイントがプラスの業者も存在します。

具体例をあげると、GemForexですね。

ただスワップポイントは変動するため、100%利益を得られるというわけではありませんのでご注意くださいね。

両建てならgemforexがオススメ

gemforex

先程ご紹介した売りポジション・買いポジションの両方でスワップポイントがプラスのGemForex。

この海外FXブローカーは、日本人が設立した珍しい業者で、下記のような特長があり必見です。

  • 新規口座開設ボーナス1~3万円
  • 入金ボーナスあり
  • 日本語サポートが充実(日本人スタッフも在籍)
  • 最大レバレッジは1,000倍
  • ゼロカットシステムあり(追証ナシ)
  • 自動売買ソフトのEAが200以上もある

口座開設ボーナスや入金ボーナスは、時期により入れ替わりますが、お得に海外FXを始められるのは、間違いありません。

ぜひこの機会に、チェックしてみてくださいね。

Gemforexの詳細ページを見てみる

Gemforexの公式サイトを見てみる

海外FXのスワップポイントに関する評判~Twitterで調査~


やはりスワップポイント狙いのトレードは長期間にわたり、ポジションを保有するのが重要。

スワップポイントを原則固定としている業者もありますが、日々変動するため、随時チェックすることをオススメします。

海外FX業者のボーナスも活用してお得にトレードする!

海外FX業者の多くは、豪華なキャンペーンやボーナスを行っています。

これらを上手く活用することができれば、元手を増やすことができ、お得に海外FXでスワップ狙いのトレードが始められます。

そこで、ここからスワップ狙いのトレードができ、ボーナスやキャンペーンの豪華なオススメ海外FX業者をご紹介していきますね。

XM Trading(エックスエムトレーディング)

XM Trading

海外FX業者の中で最も有名と言っても過言ではないXM Trading。

口座開設ボーナスがあり、軍資金を用意せずにトレードが始めれる強みがあるブローカーです。

さらに下記のような特長があります。

  • 3,000円の新規口座開設ボーナスがある
  • 入金額が2倍になる100%入金ボーナスがある
  • 独自のポイント制度(ロイヤルティ・プログラム)
  • 国内人気No.1
  • レバレッジは最大888倍と高め
  • ゼロカットシステムありで追証の心配なし
  • 最低入金額は500円と手軽

良い口コミ評判も多く、出金報告も多数あることから、安心して利用できる海外FX業者の1つです。

また日本語サポートも充実しており、英語がわからなくてもストレス無くトレードができます。

資金ナシでも取引が可能ですので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

XM Tradingの詳細ページを見てみる

XM Tradingの公式サイトを見てみる

HotForex(ホットフォレックス)

HotForex

HotForexもスワップポイント・ボーナス共に魅力的な海外FXブローカーです。

具体的には、次の2つのボーナスが用意されています。

  • 100%の入金ボーナス
  • トレーディング・リワードというポイント制度

また他にも、

  • レバレッジが1,000倍
  • ゼロカットシステムあり
  • 複数の金融ライセンスを取得

などの魅力があります。

特に複数の金融ライセンスを取得していることから、安全性・信頼性の高い業者と言え、オススメできるブローカーの1つです。

HotForexの詳細ページを見てみる

HotForexの公式サイトを見てみる

iForex(アイフォレックス)

iforex

20年以上も運営を続ける老舗のブローカーであるiForex。

このブローカーも豪華なボーナスを展開しており、お得に海外FXを始められます。

ボーナスの詳細ですが、

  • 新規口座開設ボーナス
  • 100%入金ボーナス
  • キャッシュバック

の3つです。

また上記のブローカー同様にゼロカットシステムが採用されており、安心してトレードが可能。

最大レバレッジは400倍と平均的ですが、ロスカット水準が0%と他の海外FX業者にはない強みのある業者です。

ぜひiForexもチェックしてみてくださいね。

iForexの詳細ページを見てみる

iForexの公式サイトを見てみる

スワップポイントの計算方法を解説~XM Tradingの場合~

swappoint03

ではここからスワップポイントの計算方法についてまとめていきます。

とはいえ、海外FX業者には自動で計算してくれるツールがあり、簡単にスワップポイントを計算することができますので、ご安心くださいね。

ちなみに海外FXブローカーによって、スワップポイントの計算方法が若干変わるようですので、この点には注意が必要です。

ここではXM Tradingでのスワップポイントの計算方法についてご紹介していきますね。

XM Tradingのスワップポイントの確認方法

XM Tradingでスワップポイントを確認するには、取引プラットフォームのMT4上で行います。

具体的には、MT4の取引画面上に表示される保有しているポジションのスワップ項目をチェックすることでスワップポイントを確認できます。

さらにXM Tradingでは、日本円の口座を利用していれば、スワップポイントを日本円に換算して表示してくれるため、自分で計算する必要がなく、大変便利です。

XM Tradingスワップ計算機がオススメ

XM Tradingにはスワップポイントが計算できるツールが用意されています。

このスワップ計算機を使うことで手軽にスワップポイントを知ることが可能。具体的な使い方は下記の通りです。

  1. XM Tradingの公式サイトへアクセス
  2. メニューの「FX計算ツール」をクリック
  3. 「スワップ計算ツール」をクリック
  4. 必要な情報を入力し「計算する」をクリック

これだけで簡単に現在のスワップポイントを計算することができます。

XM Tradingのスワップ計算式を解説

参考までにXM Tradingでのスワップポイントの計算方法をまとめておきますね。

自分でスワップポイントを計算してみたい方は、ぜひご活用ください。

ちなみにスワップポイントの計算方法は、次の2種類あります。

  • ポイント計算
  • パーセント計算

XM Tradingでは、ポイント計算によってスワップポイントが計算されており、計算式は以下の通りです。

契約サイズ×ロット数量×小数桁×スワップ値×決済通貨/口座通貨のレート

では次に年間のスワップポイントの計算方法について確認していきましょう。

年間のスワップポイントを計算する方法は?

年間のスワップポイントは「金利差×保有数量×為替レート」で計算することが可能です。

また1年間のスワップポイントを365で割ることで1日のスワップポイントを計算することもできますね。

米ドル=100円かつ、2万通貨のポジションを持っている場合であれば、
「100円×2万通貨×1.2%=24,000円」となり、
これを365日で割ると、1日あたり65円のスワップポイントです。
この計算であれば、1日のスワップポイントが約65円であることがわかります。
ただ政策金利の変更でスワップポイントが変化しますので、参考程度に留めておきましょう。

海外FXのスワップポイントに関する注意点5つ

swappoint05

ではここから海外FXのスワップポイントに関する注意点についてご紹介していきます。

先にポイントをまとめると、次の5つです。

  1. ロスカットに備え、取引数量は控えめにする
  2. 高すぎるレバレッジは危険
  3. スワップポイントが反映されるタイミングによってポイントが違う
  4. スワップポイントの出金は出来ない
  5. スワップポイントで儲けが出たら税金がかかる

順番に見ていきますね。

ロスカットに備え、取引数量は控えめにする

上手くスワップポイントを獲得していくには、ロスカットされないような立ち回りが重要です。

具体的には、証拠金からどれだけの資金をトレードに使うかを検討し、ロスカットされないように証拠金維持率を高水準で保たせます。

ロスカット水準とは、証拠金の残高によって強制的にトレードを終了させる割合のことです。仮にロスカット水準が30%だとします。200万円の証拠金が口座にある場合、トレードの含み損が140万円を超えると、強制的にロスカットが発動し保有しているポジションが決済されます。

つまり「現在の証拠金-含み損=現在の証拠金×ロスカット水準」になると強制的にロスカットされるということです。

もちろんロスカット水準が高ければロスカットされるリスクが高まり長期間ポジションを保有することが難しくなります。

とは言え、海外FX業者のロスカット水準は国内FX業者のモノに比べ、低いことが多くトレーダーには有利です。

しかし、ハイレバレッジで多くのポジションを抱えてしまうとすぐにロスカットされてしまいますので、保有するポジション量は控えめにしておきましょう。

高すぎるレバレッジは危険

スワップ狙いのトレードでは、いかに長期間ポジションを保有するかがポイントになります。

一方でレバレッジをかけすぎると、小さなレートの変動でも含み損が膨れやすくなり、ロスカットのリスクが高まります。

そのため、レバレッジを低めに設定するか、ハイレバレッジでも保有するポジション量を減らすかのどちらかの方法で調整するようにしましょう。

スワップポイントが反映されるタイミングによってポイント量が違う

スワップポイントは土日祝日を除く「月曜日~金曜日の朝7時前後」に口座に反映されます。

しかしスワップポイントは、毎日付与されるモノ。

では土日や祝日のスワップポイントは付与されないのでしょうか?

実は、土日や祝日分のスワップポイントは、水曜日にまとめて口座に反映されるケースがほとんどです。

そのため、スワップ狙いのポジションは、水曜日のスワップポイントが反映された後に決済するのがお得と言えますね。

スワップポイントの出金は出来ない

スワップポイントだけを出金することは不可能です。

そもそもスワップポイントの受け取りタイミングは、ポジションを決済した時です。

またスワップポイントよりも含み損の方が大きい場合は、含み損に相殺されてしまいます。

そのため、スワップポイントを出金する場合は、ポジションを決済し口座に反映された後に出金を行うという手順になります。

スワップポイントで儲けが出たら税金がかかる

ポジションを決済し、利益が確定したタイミングで海外FXでも税金がかかります。

もちろんこの利益がスワップポイントによるモノであってもです。

まとめ|海外FXでスワップポイントを狙うなら分散投資がオススメ

ここまで海外FXのスワップポイントについてご紹介してきました。

スワップポイントを多く受け取るためには、長期間ポジションを保有するのが肝です。

そのため、海外FXでスワップ狙いのトレードをする場合は、ドルコスト平均法や両建てトレードなどを活用し、分散投資するのがオススメです。

最後に、海外FXのスワップポイントで気をつけるべきポイントをまとめてこの記事を締めくくりますね。

  • スワップポイントは海外FXブローカーで差がある
  • ロスカットされないように証拠金維持率を高めに保つ
    (もしくは、証拠金を多めに用意しておく)
  • ポジションは分散させてリスクをできるだけ減らす
  • 海外FXではマイナー通貨の方がスワップポイントが大きい
  • スワップポイントが口座に反映されるのはポジション決済時

これからスワップ狙いの海外FXを始める場合は、各ブローカーでスワップポイントに差があるため、事前にスワップポイントを調査してから口座開設するようにしましょう。

またオススメの海外FX業者を紹介している記事もありますので、ぜひこちらもご活用くださいね。

>>【海外FX】オススメ業者14選と海外FXのメリット、デメリット、注意点など徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました