FXDDの口コミ評判!オススメしない理由やメリット・デメリットなども紹介

海外FX口座

FXDDは2020年からサービスを開始した老舗のブローカー。

早くから日本語対応に動き出し、一昔前であれば、 XMと同等の有名な海外FX業者として知られていました。

しかし、現在ではオススメできる海外FX業者とは言えないのが正直なところです。

そこでこの記事では「なぜFXDDがオススメできないのか」についてご紹介していきます。

またその他にも、

  • 実際の口コミ評判
  • FXDDの特徴
  • 会社概要

などもまとめています。

この記事は、これから海外FXをスタートする人や海外FXブローカーを探している人に読んでいただきたい内容となっておりますので、ぜひご一読ください。

FXDDがオススメ出来ない3つの理由!

FXDD 01

ではまず、 FXDDがオススメできない理由について確認していきましょう。

オススメできない理由は下記の3つあります。

  1. ゼロカットシステムが採用されていない
  2. 金融ライセンスの記載ナシ
  3. 資金管理は分別管理のみ

海外FXを利用する大きなメリットの1つとして、ゼロカットシステムがあり、これがあることで追証の心配ナシにトレードできることがあります。

しかしFXDDでは、国内FXと同様に追証があるため、わざわざFXDDを利用するメリットが無いと言わざるを得ないのです。

ではさらに細かく解説していきます。

ゼロカットシステムが採用されていない

海外FX業者ではメジャーな仕組みのゼロカットシステム。

このシステムは、口座残高がマイナスになってしまった際に、そのマイナス分をブローカーが0に戻してくれる仕組みです。

つまり、このゼロカットシステムがあることで、ハイレバレッジのトレードでも安心して行うことができるわけです。

しかし、先ほどもご紹介したように、FXDDでは、このゼロカットシステムを採用していません。

もし、ハイレバレッジの取引でロスカットが間に合わず、多額の損失を被ってしまった場合、我々トレーダーがそのマイナス分を追加で入金しなければならなくなるということです。

国内FXと同じく追証アリということですね。

ただ、FXDDでも昔はゼロカットシステムを採用していました。

しかし、スイスフランショックが起きた際、ブローカーの損失額が大きくなりすぎたため、FXDDはゼロカットシステムを採用していたにもかかわらず、トレーダーに対して追証を請求したのです。

もちろん、他の海外FX業者でゼロカットシステムを発動し、追証を請求しなかったブローカーはたくさんいました。

そのため、この事件を機に、FXDDの人気は低迷。

FXDDを利用するメリットはいくつかあげげられますが、それを考慮してもゼロカットシステムがないデメリットは大きすぎると言えますね。

また、上記のようにゼロカットシステムを採用している業者であってもゼロカットシステムを発動しない可能性も考えられるため、海外FX業者選びは慎重に行うようにしましょう。

金融ライセンスの記載ナシ

FXDDでは、金融ライセンスの記載が公式サイトにありません。

一方で日本でも人気のあるXMAXIORYなどの有名な海外FXブローカーであれば、金融ライセンスを取得しています。

もちろん実態は、日本の金融庁のような審査の厳しい企業ライセンスではなく、マイナーな金融ライセンス。

それでもある程度の審査基準があり、信頼性は多少なり保証されています。

また日本の金融庁の圧力から逃れるためにマイナーな金融ライセンスを取得している、という背景もあります。

加えて、我々トレーダーも金融ライセンスを取得しているブローカーの方が安心感がありますよね。

つまり金融ライセンスを取得しているということは、トレーダーに対してアピールポイントになるということではないでしょうか。

この点も考慮すると、公式サイトに金融ライセンスの記載がないということは、FXDDは金融ライセンスを取得していない可能性が高いと言わざるを得ません。

少しでも安心して海外FXを行いたい人には、FXDDは避けた方が無難と言えますね。

資金管理は分別管理のみ

海外FX業者の多くは、トレーダーの資産を運営の資金とは分けて管理している場合が多いです。(完全分別管理)

FXDDも上記のような分別管理の体制を採っているのですが、トレーダーの資金を管理している業者も実はFXDDと言われています。

つまり、FXDDが倒産した場合、 顧客の資産は返済されない可能性があるということです。

一方で分別管理を採用している他の海外FX業者であれば、顧客の資産は第三者の銀行や企業が管理している場合がほとんど。

また、信託保全を採用している海外FXブローカーも存在します。

そのため、安全性の観点からもFXDDは、あまりオススメできるブローカーとは言えませんね。

FXDDのメリット6つ

FXDD 02

安全性や信頼性が高いとは言えない海外FXブローカーですが、今なお運営できているということは、利用するメリットも存在するということですよね。

また、メリットについても把握した上で、利用するか判断したい人もいるのではないでしょうか。

そこでここからは、FXDDのメリットについてご紹介していきます。

簡単にご紹介すると、以下の6つがあげられます。

  1. 充実した日本語サポートが用意されている
  2. キャンペーンやボーナスがある~ただし期間限定~
  3. 最大レバレッジ500倍
  4. 取り扱い通貨ペアが豊富
  5. プラットフォームも豊富~MT4・MT5・WebTraderがある~
  6. 充実した入金方法

とはいえ、上記のようなメリットのある海外FX業者でゼロカットシステムを採用しているブローカーは、他にも多く存在しています。

そのため、わざわざFXDDを利用する必要はないとも言えますね。

では細かく確認していきましょう。

充実した日本語サポートが用意されている

冒頭でもお伝えいたしましたが、FXDDは日本語対応に早くから乗り出したブローカー。

(もちろん公式サイトは、完全日本語対応)

この歴史から、他の海外FXブローカーに比べ、日本語サポートが充実しています。

  • 電話(コールバックもあり)
  • ライブチャット
  • メール

またどの問い合わせ方法であっても、営業日であれば24時間対応という充実したサポートぶり。

ちなみに営業時間は、 月曜午前7時〜土曜午前5時55分(米国冬時間)となっています。

英語がわからなくてもストレスなく利用ができ、自分が使いやすいツールで気軽にお問い合わせできるのは嬉しいポイントですね。

キャンペーンやボーナスがある~ただし期間限定~

海外FXを利用するメリットの1つが豊富なキャンペーン・ボーナスではないでしょうか。

もちろんFXDDでもキャンペーンやプロモーションなどを開催しています。

ただ常時開催しているわけではなく、期間限定である点に注意が必要です。

現在であれば、下記のキャンペーンを開催しています。

  • 『FXトレードグランプリ2020』
  • 毎日当たるトレード宝くじ

※2020年5月現在

さらに出金可能なボーナスが実施されることもあります。

もちろん出金する条件はありますが、出金可能なボーナスを実施している海外FX業者は少ないため、 この点はFXDDの強みと言えます。

とはいえ、 FXDDでは口座維持費がかかるケースもあり、ゼロカットシステムが無いことからも、ボーナス狙いで口座開設するのはオススメできません。

また、他の海外FX業者でも魅力的なボーナスやキャンペーンを実施しているブローカーは多いので、ボーナス狙いならXMGemForexなどのブローカーの方がオススメです。

最大レバレッジ500倍

FXDDの最大レバレッジは500倍。

これは海外FXでは平均的なレバレッジですが、国内FX業者と比べれば、圧倒的に少ない資金でトレードを始めることが出来てしまいます。

また、レバレッジが高すぎるとギャンブルトレードになりやすいというデメリットもあることから、バランスの良いレバレッジ設定と言えますね。

取り扱い通貨ペアが豊富

FXDDでは、取扱い通貨ペアが豊富に用意されています。

具体的には下記の通りです。

  • FX通貨ペア:67種類
  • エネルギー:3種類
  • 貴金属:5種類
  • 仮想通貨:6種類
  • 株価指数:11種類
  • 株式銘柄:10種類

メジャーな通貨ペアだけでなく、マイナーな通貨ペアでもトレードできる点は大きな魅力と言えますね。

また、同じ口座内で株式や仮想通貨などが取引できる点もFXDDの強みです。

ただボラティリティの高い商品でトレードする場合は、ゼロカットシステムがないので資金管理には細心の注意を払うようにしましょう。

※さらに詳しく取扱商品について知りたい方こちら

プラットフォームも豊富~MT4・MT5・WebTraderがある~

FXDDでは、世界中のトレーダーが利用しているMT4の進化版プラットホームのMT5も利用可能。

ちなみにMT5は、MT4と比較すると下記のような特長があります。

  • 動作速度がスピーディ
  • 時間足表示が多く、より正確なチャート分析が可能
  • 気配値表示がわかりやすい
  • カスタムインジケーターやEAの種類が少ない

そのため、これからトレードを始める人や裁量トレードをメインで行っている人にはMT5の方がオススメです。

またMT5の取り扱いがある海外FXブローカーは、まだまだ少ないことから、この点もFXDDの強みと言えます。

さらに、 WebTraderも利用できるので、パソコンのスペックに左右されずにトレードができるという強みもあります。

自分のトレードスタイルや環境に合わせて取引プラットフォームを選べるのは嬉しいポイントですね。

充実した入金方法

FXDDでは、入金方法も充実しており、下記の4種類があります。

  • 国内銀行送金
  • bitwallet
  • クレジットカード(VISA・MasterCard)
  • 海外銀行送金

公式サイトより引用

国内銀行送金にも対応しており、手軽に入金できるのは、FXDDの強みと言えますね。

ちなみに、 NETELLERでも対応していますが、日本に在住している人は使用できないので注意が必要です。

海外FX業者の多くは、マネーロンダリング防止の観点から入金方法と出金方法は、基本的に同じにしなければなりません。

これはFXDDも同様です。

そのため、入金する場合は出金することも念頭におき、入金方法を選ぶようにしましょう。

もしbitwalletのアカウントを持っている人は、出金手数料がお得なため、bitwallet入金がオススメです。

FXDDのデメリット6つ

FXDD 03

ここまでFXDDのメリットをまとめてきました。

FXDDでは、メリットと同じくらいデメリットのあるブローカーで、具体的なデメリットは次の6つです。

  1. ロスカット水準が高い!~他のブローカーと比較~
  2. スプレッドがやや広め
  3. 最低入金額が高く始めるハードルが高い
  4. 入金反映には時間がかかりすぐにトレードを始められない
  5. 口座維持費がかかる
  6. 銀行出金でも手数料が発生することがある

では1つずつ深堀りしていきましょう。

ロスカット水準が高い!~他のブローカーと比較~

冒頭でもご紹介いたしましたが、 FXDDではゼロカットシステムが採用されておらず、追証のリスクがあります。

投資家保護のため、国内FXブローカー同様、ロスカット水準が高めに設定されています。

具体的には、ロスカット水準は証拠金維持率50%以下という設定です。

ロスカット水準とは、設定した水準に達したところでロスカットが発動することを指します。

引用:SBI証券

ちなみに海外FX業者のロスカット水準の平均は、20%~30%と言われています。

ロスカット水準はトレードの利益に関係ないと思われる人もいますが、ハイレバレッジのトレードでは、ロスカット水準が高いとレートの少しの変動によってロスカットされてしまいます。

つまり、少しの含み損にも耐えられず、上手く利益を出すことが難しいということ。

そのため、海外FXブローカー選びでは、ロスカット水準も重要な要素であり、FXDDのロスカット水準はデメリットになり得ます。

スプレッドがやや広め

FXDDでは、下記の2つの口座タイプが用意されています。

  • スタンダード口座
  • プレミアム口座

海外FX業者の多くは、どちらかの口座でスプレッドの狭い口座を採用しています。

しかし、FXDDはどちらの口座もスプレッドが広いと言わざるを得ません。

ブローカー選びでスプレッドを重視している人は、FXDDを業者の候補から外すことをオススメします。

ではここから、他の海外FX業者とFXDDでどれだけスプレッドに開きがあるのか比較してみますね。

◯スタンダード口座のスプレッド比較

通貨ペア FXDD XM Axiory TitanFX Tradeview
USD/JPY 2.3銭 1.6銭 1.5銭 1.33銭 1.8銭
EUR/JPY 3.0銭 2.6銭 1.7銭 1.74銭 1.9銭
AUD/JPY 3.5銭 3.0銭 2.1銭 2.12銭 2.6銭
AUD/USD 1.8pips 1.8pips 2.1pips 1.52pips 1.9pips
GBP/JPY 3.8銭 3.5銭 2.7銭 2.45銭 2.3銭
EUR/USD 1.8pips 1.6pips 1.3pips 1.20pips 1.7pips
GBP/USD 2.6pips 2.3pips 1.9pips 1.57pips 2.0pips

◯ENC口座のスプレッド比較

通貨ペア FXDD XM Axiory TitanFX Tradeview
取引手数料 往復0.598pips~0.998pips 往復1.0pips 往復0.6pips 往復0.7pips 往復0.5pips
USD/JPY 1.898銭
(1.3銭)
1.1銭
(0.1銭)
1.1銭
(0.5銭)
1.03銭
(0.33銭)
0.6銭
(0.1銭)
EUR/JPY 2.398銭
(1.8銭)
1.6銭
(0.6銭)
1.3銭
(0.7銭)
1.44銭
(0.74銭)
0.9銭
(0.4銭)
AUD/JPY 2.398銭
(1.4銭)
1.8銭
(0.8銭)
1.5銭
(0.9銭)
1.82銭
(1.12銭)
1.0銭
(0.5銭)
AUD/USD 1.298pips
(0.7pips)
1.3pips
(0.3pips)
1.2pips
(0.6pips)
1.22pips
(0.52pips)
0.7pips
(0.2pips)
GBP/JPY 7.898銭
(7.3銭)
2.1銭
(1.1銭)
2.3銭
(1.7銭)
2.15銭
(1.45銭)
1.0銭
(0.5銭)
EUR/USD 1.598pips
(1.0pips)
1.1pips
(0.1pips)
0.9pips
(0.3pips)
0.9pips
(0.2pips)
0.7pips
(0.2pips)
GBP/USD 1.998pips
(1.4pips)
1.4pips
(0.4pips)
1.5pips
(0.9pips)
1.27pips
(0.57pips)
1.0pips
(0.5pips)

やはり上の表からもFXDDのスプレッドが広いことがわかります。

これだけスプレッドが広いと、スイングトレードをメインにしている方であってもデメリットと捉えるのではないでしょうか。

最低入金額が高く始めるハードルが高い

FXDDの最低入金額は、海外FX初心者にとって、ハードルの高い設定となっています。

具体的には、スタンダード口座で$250(約2万5千円)プレミアム口座で$1,000(約10万円)です。

まずは少額を入金し、使い勝手を確認してから本格的にそのブローカーを利用したい人にとっては、FXDDの最低入金額は高いと言えます。

また海外FXのハイレバレッジを利用し、少額でトレードを始めたい人にとってもFXDDの最低入金額はデメリットになり得ますね。

実際に、他の海外FX業者であれば、ワンコインから入金できる業者もありますので、ここでまとめておきますね。

入金反映には時間がかかりすぐにトレードを始められない

海外FX業者の多くは、即日入金にも対応しており、 トレードを始めたいと思ったその日に始められる強みがあります。

しかしFXDDの入金方法には、即日で入金が反映される手段がありません。

bitwalletやクレジットカードの入金ですら、入金の反映に1日以上かかってしまいます。

瞬時に入金できる海外FXブローカーも多いこのご時世にFXDDではこの対応。

また口座開設したその日に取引ができないのは大きなデメリットと言わざるを得ません。

口座維持費がかかる

FXDDでは、口座維持費がかかるケースがあります。

それは、1月1日・4月1日・7月1日・10月1日の時点で、3ヶ月間(90日間)トレードが行われていないライブ口座に対して口座維持費がかかります。

具体的な金額は、$40(約4000円)です。

ただ口座残高が40ドルに満たない場合は、口座残高はマイナスにならず0になります。

副業や趣味でトレードを行う人だと、90日間トレードしないことはよくありますので、注意しましょう。

また口座維持費がかからない海外FXブローカーも多く存在しますので、頻繁にトレードを行わない人は、 他の業社を選ぶようにしましょう。

銀行出金でも手数料が発生することがある

FXDDでは、口座維持費だけでなく、銀行出金でも手数料が発生するケースがあります。

具体的には下記の通りです。

  • 出金額が$100に満たないケース
  • 同じ月の銀行出金で2回以降

出金額が$100に満たない場合は、銀行出金に限らずクレジットカード出金であっても$25の手数料がかかります。
(クレジットカード出金の手数料は無料のブローカーが多いです)

また、同じ月の銀行出金が2回以上の場合は、毎回$40の手数料が発生し、さらに海外送金の中継銀行の手数料も上乗せされます。

中継銀行や受取銀行によっては、FXDDからの1度の出金で8000円以上の手数料がかかる場合もあり、利益が大幅に減ってしまいます。

この点には注意が必要ですね。

もちろんbitwalletを利用することで出金手数料を大幅に抑えられますが、アカウントを持っていない方は開設する手間がかかってしまいますね。

FXDDの口コミ評判を調査|出金拒否がある?

ではここからFXDDの口コミ評判をご紹介していきます。

具体的には、海外トレーダーの口コミ・国内トレーダーの口コミの順番で確認していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

海外の口コミサイト(FPA)で星2以下と評価が良くない

FXDDは、世界最大のFX業者の口コミサイトFPA(Forex Peace Army)で星2未満と悪い評価を受けています。

そもそもこのFPAには、世界中のトレーダーが口コミを記載しており、海外FXブローカーを選ぶ際に、とても参考になるサイトです。

そのFPAで、評価が悪いことから世界でもFXDDの評判が良くないことがわかります。

他の有名な海外FXブローカーの評価も合わせてご紹介しておくと、各ブローカーは次のような評価を受けています。

  • FXDD→星1.773
  • iFOREX→星2.438
  • XM→星3.114
  • AXIORY→星3.506
  • TitanFX→星3.5
  • Tradeview→星3.906

参照:Forex Peace Armyより引用

やはりFXDDの海外での評判が悪いことがわかるため、オススメ出来ない海外FXブローカーと言えますね。

では次で国内の口コミ評判について見ていきましょう。

国内の口コミ評判~TwitterではMT4・サーバーが固まるという意見も~

  • PCにMT4のソフト3つ入れて起動してるけど、FXDDのソフト不安定すぎTwitter
  • FXDDのMT4固まること多い(´・_・`)
    おすすめの会社ありますか??Twitter

Twitterで口コミ評判を調査したところ、トレード環境があまり良くないようですね。

さらに意図しない位置で損切りを食らったという意見まであるようです。

もちろん充実の日本語サポートを評価する声もありましたが、そもそも問題がなければ日本語サポートを利用する必要はありません。

そのため、どれだけサポートが充実していても問題がありそうな海外FXブローカーに手を出すのは控える方が良いと言えます。

特にこれから海外FXを始める人は、魅力的なブローカーが他にもたくさんありますので、わざわざFXDDを使うのはオススメしません。

FXDDの運営会社はどんな会社?会社概要とお問い合わせを紹介

FXDD 04

ここからはFXDDの運営会社とお問い合わせについてご紹介していきます。

表で簡単にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

会社名 FXDD Bermuda Limited
所在地 Clarendon House,2 Church Street,Hamilton HM 11,Bermuda
設立 2002年
金融ライセンス 記載無し
顧客の資金管理 分別管理のみ(信託保全なし)
最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 50%
日本語対応 充実している
サポート体制 4種類
(電話・コールバック・メール・ライブチャット)
電話番号 (+1)212-720-7050
メールアドレス jp@fxdd.com
Google Map

まとめ|海外FX初心者は、他の海外FX業社を利用するのがベター

ここまでFXDDの特徴や利用するデメリットなどについてまとめてきました。

海外でも口コミ評判が良くなく、ゼロカットシステムもないことから海外FX初心者には、特にオススメできないブローカーです。

また公式サイトに金融ライセンスの記載がなく、安全性や信頼性にもかける部分があります。

最大レバレッジは500倍と普通である反面、ロスカット水準は50%と高く、トレード環境も良いとは言えません。

一方で、

  • ゼロカットシステムあり
  • FXDDよりもハイレバレッジ
  • ロスカット水準20%~30%
  • 充実の日本語サポート
  • 入出金もスピーディ

など、好条件の海外FXブローカーも世の中には存在します。

そのため、これからFXDDで口座開設しようと検討していた人は、この機会に他の海外FXブローカーもチェックし、改めて検討してみてくださいね。

>>>【海外FX】オススメ業者14選と海外FXのメリット、デメリット、注意点など徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました