HotForexの特徴14個まとめ|口コミ/評判/ボーナスや口座開設の流れまで徹底解説

HotForex 海外FX口座

HotForex(ホットフォレックス)は、2010年より海外FXサービスをスタート。

さまざまな口座タイプに加えて豪華なプロモーション、高い信頼性でヨーロッパから東南アジアまで、トレーダーからの支持が厚い海外FX業者の1つといえます。

HotForexは知名度が高く人気のブローカーですが、心配な点はありますよね。

  • もし出金拒否や約定拒否のトラブルに合ったらどうしよう
  • 悪質な業者とか悪い噂はないか
  • HotForexの口コミや評判は良いのか

などなど、不安な点がいくつか挙げられるはず。

そこで今回の記事では、トレーダーからの評価が高いHotForexの特徴、口コミ、利用する際の注意点、口座開設の流れなどを紹介しています。

記事の前半では、HotForexを使う利点や強み、信頼性などを確認し、後半には欠点や弱み、加えて口コミに評判、口座開設手順まで解説しています。

この記事を読むことで「HotForexの強みから弱み、FX口座を開設するまでの流れ」HotForexについてのあらゆる情報を網羅することが可能なはず。

結論から言うと、HotForexには悪質なトラブル事例や悪評などはなく、安心して使える海外FXブローカーと断言できます。

\最大レバレッジ1,000倍!HotForexを確認してみる/

HotForexで口座開設をしてみる

  1. HotForexで注目すべき14個のメリットや強み
    1. ①HotForexは信頼性が高い|金融ライセンスや35を超える受賞歴あり
      1. 金融ライセンスを7つ取得済み
      2. HotForexグループは35を超える賞を受賞している
      3. HotForexのスポンサー活動にも注力している
    2. ②最大レバレッジ1,000倍|ロスカット水準は10%
    3. ③ゼロカットシステムを採用している|追証なし
    4. ④NDD方式を採用|トレーダーに有利な取引が可能
    5. ⑤約定力が高い|約定スピードが速く確実な決済ができる
    6. ⑥スキャルピングトレードが可能
    7. ⑦スプレッドが狭い|業界でも最高水準
    8. ⑧プロモーションが魅力的|各種ボーナスやキャッシュバックあり
      1. 100%スーパーチャージボーナスの特徴
      2. 100%クレジットボーナスの特徴
      3. ロイヤリティ・プログラムの特徴
    9. ⑨トレーディングコンテストあり|豪華な景品が獲得できる
    10. ⑩150種類以上の金融商品を取り扱っている
    11. ⑪口座タイプは全6種|コピートレードや使い分けも可能
    12. ⑫入出金の方法が豊富で手数料も原則無料|bitwalletにも対応
    13. ⑬MT4だけでなくMT5も使える
    14. ⑭18種のトレードツールが無料で利用できる
  2. HotForexのデメリット4つと弱みとは
    1. ①HotForex公式HPの日本語が読みづらい
    2. ②円口座がない|ドル・ユーロのみ
    3. ③完全な信託保全ではない
    4. ④ボーナスは制約が多い
  3. HotForexの評判や口コミを確認!出金拒否などのトラブルなし
    1. 海外FXの口コミ掲示板「FPA(Forex Peace Army)」の評価
    2. 国内トレーダーの口コミや評判
  4. HotForexの口座開設の流れ
    1. 1.HotForexの公式HPからメンバー登録する
    2. 2.HotForex側から登録確認メールを受け取る
    3. 3.マイページへのログインID・パスワードを受け取る
    4. 4.マイページへログインし個人情報を登録する
    5. 5.身分証明書と住所確認書類をアップロードする
    6. 6.「口座開設完了メール」を受け取り詳細設定する
  5. HotForexの入出金方法を紹介します
    1. 入金方法まとめ
    2. 出金方法まとめ
  6. HotForexに関する疑問点まとめ
    1. デモ口座はあるのか
    2. 日本語サポートの対応時間はどれくらいなのか
    3. ロスカット水準はどれくらいなのか
    4. スキャルピングに向いている口座はどれか
    5. FX口座の維持費はかかるのか
    6. HotForexで法人口座は作れるのか
  7. HotForexの会社概要
  8. 【まとめ】HotForexは信頼性が高くメリットが多いブローカー

HotForexで注目すべき14個のメリットや強み

HotForex メリット 強み

HotForexを使うことで得られるメリットについて、簡単にまとめると13個挙げることができます。

  1. 信頼性の高さ|金融ライセンスや35を超える受賞歴がある
  2. 最大レバレッジが1,000倍|ロスカット水準は10%
  3. ゼロカットシステムを採用している|追証なし
  4. NDD方式を採用|トレーダーに有利な取引が可能
  5. 約定力が高い|約定スピードが速く確実な決済ができる
  6. スプレッドが狭い|業界でも最高水準
  7. スキャルピングトレードが可能
  8. プロモーションが魅力的|各種ボーナスやキャッシュバックあり
  9. トレーディングコンテストあり|豪華な景品が獲得できる
  10. 150種類以上の金融商品を取り扱っている
  11. 口座タイプは全6種|コピートレードや使い分けも可能
  12. 入出金の方法が豊富で手数料も原則無料|bitwalletにも対応
  13. MT4だけでなくMT5も使える
  14. 18種のトレードツールが無料で利用できる

以下、1つずつ詳しく説明していきますね。

①HotForexは信頼性が高い|金融ライセンスや35を超える受賞歴あり

日本国内ではそこまで知られていないブローカーのHotForexですが、HotForexグループ全体の実績はかなり素晴らしいものがあります。

たとえば、

  • 金融ライセンスを7つ取得済み
  • 35を超える賞を受賞
  • 2020年にはサントスEスポーツとのスポンサー提携を達成

以上のように海外FX業者ではかなり目立っている事業者の1つ。

サントスEスポーツ:ブラジルのプロサッカーチーム『サントスFC』のeスポーツ部門のこと

それぞれ特徴を確認していきますね。

金融ライセンスを7つ取得済み

HotForexを運営する親会社はHF Markets Groupという非常に大きな規模を誇る企業。以下の子会社によって構成されています。

  • HF Markets (DIFC) Ltd
  • HF Markets (UK) Ltd
  • HF Markets (SV) Ltd
  • HF Markets Ltd
  • HF Markets (Europe) Ltd
  • HF Markets SA (PTY) Ltd
  • HF Markets (Seychelles) Ltd

さらに、各々の会社で金融ライセンスを取得していて、拠点エリアによってライセンスと会社を分けてHotForexを運営しています。

社名 ライセンスの取得地域 登録番号/ライセンス番号
HF Markets (SV) Ltd セントビンセント&グレナディーン諸島 22747 IBC 2015
HF Markets (DIFC) Ltd ドバイ F004885
HF Markets (UK) Ltd イギリス(FCA) 801701
HF Markets (Europe) Ltd キプロス(CySEC) 登録番号:HE 277582
免許番号:183/12
HF Markets Ltd モーリシャス共和国 グローバルビジネス番号:C110008214
免許 | 法人登録番号:094286/GBL
HF Markets SA (PTY) Ltd 南アフリカ共和国 46632
HF Markets (Seychelles) Ltd セーシェル SD015

引用:HotForex公式HP

上記のHotForexグループ会社の中でも、日本で運営されている会社は「セントビンセント&グレナディーン諸島」の金融ライセンスを取得しているHF Markets (SV) Ltd。

ただ、この金融ライセンスはマイナーなもので、比較的審査が緩めの金融ライセンスといえます。

元々は厳しい審査のキプロス金融ライセンス下にありましたが、日本の金融庁の圧力によってキプロスの金融ライセンスでは、日本人トレーダーへのサービス提供が不可能になってしまった経緯があります。

そのため、セントビンセント&グレナディーン諸島にて新しくライセンスを取得し、運営会社を設立後に日本国内のトレーダーへサービス提供できるよう対策を講じたのです。

これは日本でも人気の高いXMTraidingやAXIORYなど、他の海外FXブローカーでも同じことがいえます。

また、HotForexではこれまでに出金拒否などのマイナスな印象を与える口コミや噂はありません。さらに多数の賞を獲得していることを踏まえると、客観的に信頼性や安全性はとても高いと断言できます。

では、次にHotForexの受賞歴をチェックしていきますね。

HotForexグループは35を超える賞を受賞している

HotForexはグループ全体でカウントすると35を超えるFXトレードに関係するアワードを受賞しています。

たとえば、

  • World Finance 100
  • BEST CLIENT FUNDS SECURITY GLOBAL
  • BEST FOREX CUSTOMER SERVICE PROVIDER LATIN AMERICA
  • BEST FOREX BROKER ASIA 2019
  • FASTEST GROWING FOREX BROKER MENA 2019

これらの中でも注目すべきは「World Finance 100」を受賞している点。これはGoogleやAmazon、日本の任天堂などの優良企業が受賞している世界的に有名な賞です。

実際に海外FXブローカーで「World Finance 100」を保有している事業者は、非常に少ないのが一般的。つまり、HotForexは海外FX業者の中でも特に信頼のおける企業だと判断できますね。

HotForexのスポンサー活動にも注力している

HotForexはF1やフォーミュラ、ビーチバレー、e-Sports関連会社との提携など、スポンサー活動を積極的に実施しています。

HotForexがスポンサー契約をしている代表的な企業は以下の通り。

  • 2013年:MARUSSIA MONOR RACING
  • 2015年:FORMULA RENAULT 3.5
  • 2015年:European University Sports Association
  • 2017年:PORSCHE CARRERA CUP GREAT BRITAIN
  • 2020年:Santos HotForex e-Sports

以上の活動は企業側に膨大な資本力や信頼性がないとなかなかできません。したがって、HotForexは海外FXブローカーでも安全性が高い事業者といえます。

\最大レバレッジ1,000倍!HotForexを確認してみる/

HotForexで口座開設をしてみる

②最大レバレッジ1,000倍|ロスカット水準は10%

HotForexでかけられるレバレッジは最大で1,000倍。これは海外FX業者の中でも高い数値です。※1,000倍のレバレッジを選択できるのはマイクロ口座のみ。

しかし、ハイレバレッジでのトレードはリスクも高いのが特徴。為替レートがほんの少し変動するだけで強制ロスカットされる可能性があります。

強制ロスカットとは、FX事業者がトレーダーを保護する目的で採用している強制的な損切りシステムのこと。強制ロスカットが執行される基準は、それぞれの業者で異なり証拠金維持率に依存している。

含み損がある一定のライン(証拠金維持率)を越えると、自動的に発動されるので資産が多ければ多いほどロスカットされづらくなります。もしくは、ロスカットされる基準が低ければ、その分執行もされにくくなるのがポイント。

したがって、効率的に資金を増やしていくには、ロスカット水準もかなり大事。そしてHotForexのロスカット水準は10%なので(平均は20~30%ほど)、他社に比べてロスカットが起きづらい環境といえます。

要するにHotForexは、他の海外FX業者と比べて資金効率を高められるということ。

③ゼロカットシステムを採用している|追証なし

HotForexではゼロカットシステムが採用されているので、追証を心配する必要がありません。

HotForexのマイナス残高保護ポリシーでは、マージンコールやストップアウトが適切に機能しない市場の乱高下時でも、お客様にはマイナス残高を充当し直す責任がありません。

引用:HotForex公式HP

以上のようにHotForexの公式ホームページでゼロカットシステムについて明記されているのが分かります。

ですから、ハイレバレッジのトレードをいくら行っても、追証という借金を背負うリスクは一切なし。これで安心してFXを行うことができますね。

④NDD方式を採用|トレーダーに有利な取引が可能

HotForexのFX取引ではNDD方式が採用されているので、トレーダーにとって透明性の高い取引を行うことができます。

NDD方式とはNone Dealing Desk(ノン・ディーリングデスク)の略で、FX業者のディーラーを仲介せずにトレード可能な取引方式のこと。インターバンク市場の金融機関が示すレートの中でもトレーダーに有利なレートで取引ができるのが特徴です。

インターバンク市場にある金融機関とダイレクトに取引できるため、トレーダーにとって透明性が高い取引が実現できます。

NDD方式の場合は、FXブローカー側は取引手数料で利益を上げるため、より多くのトレードを行わせるのがとても重要。すなわち、トレード回数が増えれば増えるほど、業者が得る利益が増えるという仕組みになっています。

それに対してDD方式は、FXブローカーのディーラーを仲介してFX取引を行うことになるのが特徴。したがって、トレーダーの利益がFX業者側の損失になってしまいます。※国内FXの場合は、基本的にDD方式が採用されています。

さらにリクオートされトレーダーにとってベストなタイミングでの決済が実行されず、レートが再提示されてしまう状況になる可能性もありえます。

リクオートとは、通貨の売買注文をしたにも関わらず約定されない、他のレートで再提示をしてくる現象のこと。とりわけ国内FX業者のトレードで発生しやすい特徴がある。

情報を整理すると、

  • NDD方式は透明性が高い取引でトレーダーに有利
  • DD方式はトレーダーに不利な取引になる可能性あり

HotForexはNDD方式を採っているので、FXトレーダー側に有利なレートで取引を実現しやすいのが特徴。

海外FXは不安で心配な面があるかもしれませんが、NDD方式のHotForexはディーラーが取引に介入しないので、透明性は高く安心してトレードできる環境といえます。

\最大レバレッジ1,000倍!HotForexを確認してみる/

HotForexで口座開設をしてみる

⑤約定力が高い|約定スピードが速く確実な決済ができる

HotForexの約定力はとても高く、スリッページも起こりづらくノーストレスかつ素早く売買することが可能。

そのため、スキャルピング(短期売買)をメインで行いたいトレーダーにも向いています。リクオートなどの目立った約定拒否トラブルも現在のところありません。

⑥スキャルピングトレードが可能

HotForexは約定の速度が速く、スリッページが起きづらいのでスキャルピングトレーダーにも向いています。

スキャルピングとは、数分~数時間などのスパンで取引を繰り返す、いわゆる短期トレードのこと。取引回数を増やして、細かい利益を積み重ねていくトレード手法です。

スキャルピングで利益を出すためには、スプレッドの狭さや手数料の安さがとても大事なポイント。

HotForexは「低スプレッド + 約定力の高さ」の組み合わせが実現できているので、スキャルパーにとっては見逃せない業者といえます。

⑦スプレッドが狭い|業界でも最高水準

HotForexはスプレッドも狭く(低く)業界でもトップクラス。口座の中でもゼロスプレッド口座(ECN口座)は相当低いスプレッドが実現されています。

また、手数料を含めた総合的な取引コストを考慮したとしても、相当コストを抑えられるのもポイント

では、他の海外FX業者とHotForexのスプレッドを比較してみます。

取引通貨ペア HotForex(ゼロスプレッド口座) XMTrading(ZERO口座) AXIORY(ナノスプレッド口座) TitanFX(ブレード口座)
取引手数料
(1Lotにつき)
主要通貨6ドル(0.6pips)
その他は8ドル
(0.8pips)
10ドル(1.0pips) 6.0ドル(0.6pips) 7.0ドル(0.7pips)
USD/JPY(ドル/円) 0.8pips(0.2pips) 1.2pips(0.2pips) 1.1pips(0.5pips) 1.0pips(0.3pips)
EUR/JPY(ユーロ/円) 1.4pips(0.8pips) 1.6pips(0.6pips) 1.3pips(0.7pips) 1.4pips(0.7pips)
EUR/USD(ユーロ/米ドル) 0.7pips(0.1pips) 1.1pips(0.1pips) 1.0pips(0.3pips) 0.9pips(0.2pips)
GBP/USD(英ポンド/米ドル) 1.2pips(0.4pips) 1.6pips(0.6pips) 0.8pips(0.2pips) 1.3pips(0.6pips)
AUD/USD(豪ドル/米ドル) 1.4pips(0.8pips) 1.4pips(0.4pips) 1.1pips(0.6pips) 1.2pips(0.5pips)
GBP/JPY(英ポンド/円) 2.0pips(1.4pips) 2.1pips(1.1pips) 1.5pips(1.0pips) 2.2pips(1.5pips)
AUD/JPY(豪ドル/円) 1.8pips(1.0pips) 2.0pips(1.0pips) 1.4pips(0.9pips) 1.8pips(1.1pips)
CAD/JPY(カナダドル/円) 1.7pips(0.9pips) 2.0pips(1.0pips) 1.6pips(1.1pips) 1.8pips(1.0pips)

※あくまでスプレッドは参考値なので、時間帯や経済指標などの要因で変動する可能性があります。

他のFX業者と比べてみると、HotForexは主要通貨(USD/JPYペアなど)のスプレッドがより狭いことがわかりますね。

そのため、短期売買のスキャルピングトレードをメインに考えている人にもオススメできる業者といえます。

\スキャルピングにも最適!HotForexを確認してみる/

HotForexで口座開設をしてみる

⑧プロモーションが魅力的|各種ボーナスやキャッシュバックあり

HotForexのプロモーションは、2種の入金ボーナス(100%スーパーチャージボーナス、100%クレジットボーナス)があります。

また、ロイヤリティ・プログラム(HotForex Trading Rewards Loyalty Program)というオリジナルのポイント制度も用意されています。

注意点も含めてそれぞれ確認していきますね。

いずれのボーナスも強制ロスカットを受けると、ボーナスそのものが消滅してしまいます。あるいは、証拠金を出金すると同額のボーナスが消滅してしまうので注意しましょう。

100%スーパーチャージボーナスの特徴

HotForexの「100%スーパーチャージボーナス」の特徴は以下の通りです。

  • 初回入金額の100%が付与される(250ドル以上の入金が必須)
  • 付与金額の上限は5万ドルまで
  • キャッシュバックあり(1lotのトレードあたり2ドル付与※上限は8,000ドル)
  • ボーナスの出金はキャッシュバック分のみ可能(※初回入金ボーナスは出金不可)
  • 対応口座はプレミアム口座だけ

この100%スーパーチャージボーナスは、ボーナスとキャッシュバックともに自動反映されるシステムです。

100%クレジットボーナスの特徴

次に100%クレジットボーナスの特徴をまとめると下記の通りです。

  • 初回入金額の100%が付与(100ドル以上の入金必須)
  • 金額の付与上限は3万ドルまで
  • キャッシュバックは無し
  • 出金可能(出金したい金額 ÷ 2lot以上のトレードが必要)
  • ボーナス対象はプレミアム口座とマイクロ口座

100%クレジットボーナスは、開設口座が2つ以上になっても適用されるボーナスですが、出金ハードルがやや高いのがネックといえますね。

ロイヤリティ・プログラムの特徴

HotForexで利用可能なロイヤリティプログラムは、取引ごとに一定のポイントがもらえるプロモーション。

取引で獲得したバーは、トレード用の資金にすることも現金として出金することも可能です。※HotForexはポイントを「バー(bar)」と呼びます。

たとえば、1lotのトレードをする度に、最低6バー(MAX12バー)がもらえます。

ちなみに同じようなポイント制度は、XMTradingのロイヤリティ・プログラムが有名。システムもHotForexと非常に似ているのが特徴です。

HotForexのバーは継続してトレードするほど、もらえるバーが増える仕組みになっていて、ランクは以下の通り全部で4つあります。

ランク 獲得バー数(1lotあたり) ランクアップ条件
レッド 6本 口座開設
シルバー 8本 アクティブ取引が31日を超える
ゴールド 10本 アクティブ取引が62日を超える
プラチナ 12本 アクティブ取引が105日を超える

さらに獲得したバーは、以下のモノと交換することが可能。

必要バー数 交換できる特典
35本(1,000本から現金と交換OK) 1ドル
150本 オートチャーティスト購読1ヶ月間無料
1,100本 SILVER VPS(仮想サーバー)を1ヶ月利用できる
2,500本 HotForexマーケットアナリストと約1時間プライベートセッションできる
3,100本 SILVER VPS(仮想サーバー)を3ヶ月利用できる

HotForexでトレードする期間が長くなれば、上記のようなお得なサービスを得られます。

新規の顧客獲得だけでなく既存顧客も大事にしているので、長い付き合いができそうなブローカーといえますね。

⑨トレーディングコンテストあり|豪華な景品が獲得できる

HotForexでは豪華景品をゲットできる「トレーディングコンテスト」が頻繁に開催されています。

また、リアルトレードの資金不要のデモ口座コンテスト(デモ・コンテスト)も実施されています。金銭的なリスクはゼロですが、入賞するとリアルな賞金がもらえる魅力的なプロモーションです。

デモコンテストでもらえる賞金は以下の通り、

  • 1位:2,000米ドル
  • 2位:1,000米ドル
  • 3位:500米ドル

デモトレードでFX経験を積んでからリアルトレードへ移行するのもありですね。

また、HotForexのFacebookページやインスタグラムをフォローするだけで、以下のガジェットがもらえるチャンスもあります。

  • GoPRO HERO 7
  • PLAYSTATION 4 PRO
  • iPhone XS
  • AKG Y50BT BLUETOOTH HEADPHONES
  • AMAZON ECHO PLUS SPEAKER
  • AMAZON FIRE HD 10 TABLET

なかなかユニークなプロモーションを展開していますね。

>>HotForexのコンテスト内容を確認してみる

⑩150種類以上の金融商品を取り扱っている

HotForexでは、通貨ペアは言うまでもなく、他の金融商品の取り扱いもかなり豊富。

  • 売買可能な通貨ペアは50種類以上
  • 仮想通貨は12種類以上
  • インデックスは23種類以上
  • 株式は56種類以上
  • エネルギー関連商品は9種類以上
  • 金属は9種類以上
  • コモディティは7種類以上
  • 債権は3種類以上

などなど、かなり豊富な金融商品を扱っています。

ちなみに取り扱っている主要な仮想通貨は、ビットコインやイーサリアム、ライトコイン、リップルなど様々。

  • BTC/EUR(ビットコイン/ユール)
  • BTC/USD(ビットコイン/米ドル)
  • ETH/EUR(イーサリアム/ユーロ)
  • ETH/USD(イーサリアム/米ドル)
  • XRP/USD(リップル/米ドル)
  • LTC/EUR(ライトコイン/ユーロ)
  • LTC/USD(ライトコイン/米ドル)

したがって、FXで扱っている主要通貨のUSD/JPYペアやEUR/USDペアなどの通貨ペアから、ボラティリティが大きい仮想通貨など、いろいろな金融商品でトレードすることが可能です。

万が一の損失があっても、ゼロカットシステムが採用されているので、価格変動が極めて大きな商品を狙ってトレードすることもできます。

\最大レバレッジ1,000倍!HotForexを確認してみる/

HotForexで口座開設をしてみる

⑪口座タイプは全6種|コピートレードや使い分けも可能

HotForexが用意している口座は全部で6種類。

  1. ゼロスプレッド口座
  2. マイクロ口座
  3. プレミアム口座
  4. AUTO口座(自動売買用)
  5. PAMM口座
  6. HFCOPY口座

さらに詳細に比べると以下の通りになります。

口座種別 マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッド口座 AUTO口座 PAMM口座 HFCOPY口座
スプレッド 1pips 1pips
最低入金額 250ドル 100ドル
最大レバレッジ 300倍 400倍
取引通貨単位 1ロット=10万通貨
ロスカットの執行基準 20% 20%

※HFCopy口座は、特定トレーダーの取引方法をそのままコピーして運用するためのコピートレード専用口座です。

そして、AUTO口座はシステムトレード(自動売買)専用の口座であり、自動売買は他のFX口座でもできるのでAUTO口座を使うメリットは薄いです。

そのため、重要なのは最低入金額が5ドルでOKのマイクロ口座、極狭スプレッドを誇るゼロスプレッド口座の2つ。

それにHotForexでは、リアル口座は最大5つまで無料開設できるので、それぞれのFX口座を試してみることも可能です。

⑫入出金の方法が豊富で手数料も原則無料|bitwalletにも対応

HotForexにおける入出金方法は10種類用意されています。

  1. JCB
  2. mastercard
  3. VISA
  4. maestro
  5. VISA Electron
  6. Bitcoin
  7. Bitcoin Cash(入金のみ)
  8. Crypto Payments
  9. bitwallet
  10. VLOAD

※入出金で発生する手数料は、すべてHotForex側が負担してくれます。

上記の中でも特にbitwalletがおすすめ。そもそも利益を出金する場合はbitwalletを経由することが多いので、bitwallet入金を使っておくと便利です。

bitwalletは下記のように入出金手数料を抑えられ、bitwalletとHotForexの入出金にかかる手数料はすべて無料。bitwalletから国内の銀行へ送金する場合は、一律で824円の手数料がかかります。

入出金の反映時間は非常に短く、最短だと即日数時間以内に対応してくれます。

⑬MT4だけでなくMT5も使える

HotForexはMT4(メタトレーダー4)だけでなくMT5も利用可能。MT4は世界シェアトップの取引ツールで、あらゆる海外FX業者で導入されているプラットフォーム。MT5は、そんなMT4のアップデート版になります。

MT5はWindows、Mac、スマートフォン、タブレットなどからダウンロード可能です。大抵の端末からトレードできるようになっています。

⑭18種のトレードツールが無料で利用できる

HotForexは18種のトレードツールを無料で使うことができます。

  • 12を超えるトレードツール
  • オートチャーティストツール
  • HotForexが行うオリジナル分析

などが代表的なものですね。

さらに動画映像によるトレーダーに向けた教育コンテンツも準備されています。

いずれも海外FX初心者から上級者まで、有益なツールばかりなのでトレーダー第一に考えている体制であることが伺えますね。

HotForexで使える便利なツールは要チェックです。

>>>HotForexで使える便利なツールを確認する

HotForexのデメリット4つと弱みとは

HotForex デメリット 弱み

次からは、HotForexが抱えているデメリットや弱みなど、マイナス面の特徴を紹介していきますね。

まず、HotForexにおけるデメリットをまとめると次の4つが挙げられます。

  1. HotForex公式HPの日本語が読みづらい
  2. 円口座がない|ドル・ユーロのみ
  3. 完全な信託保全ではない
  4. ボーナスは制約が多い

では、一つずつ確認していきますね。

①HotForex公式HPの日本語が読みづらい

HotForexの公式ページは日本語対応されていますが、やはり読みづらいのが難点。また、一部には日本語非対応になっているページもあります。

ただ、日本語サポートは万全なので、疑問点や困ったことがあればHotForexのサポートセンターへ問い合わせて解決できる体制が整っています。

日本語サポートの種類 対応可能な時間 問い合わせ方法
メールでの問い合わせ 24時間受付可 support@hotforex.com
電話での問い合わせ 日本時間で15:30~23:00(平日のみ営業) +442033185978
ライブチャット 平日:14:30~23:00(夏)
平日:15:30~24:00(冬)
公式ページにあるライブチャット

②円口座がない|ドル・ユーロのみ

HotForexには基軸通貨に円がありません。そのため、ドル/ユーロ建て口座だけであり、入出金時には、円→ドル(あるいはユーロ)へ両替する必要があります。

これは入出金のタイミング次第では、為替レートの影響を受けて損失を出してしまう可能性もあるということ。

たとえば、

  • 入金時より出金時に円安になっていると得
  • 入金時より出金時に円高になっていると損

多額の資金を移動させる場合は、為替相場も考えながら両替する必要がありますね。

③完全な信託保全ではない

HotForexは金融ライセンスを複数取得している信頼性高い海外FX業者ですが、トレーダーの資金が完全に信託保全されていません。

もちろん、保証がまったくないわけではなく500万ユーロ(約7億円)の資金までなら補償を行ってくれます。それにトレーダーの資金は、会社の運営資金とは別々に管理されています(分別管理)。

したがって、完全な信託保全ではありませんが、信託保全がまったくない海外FXブローカーも多いことを考慮すると、安全性は高い部類に入るといえます。

※もし、どうしても完全な信託保全の海外FX業者を選びたいなら、AXIORYをオススメします。

④ボーナスは制約が多い

HotForexのボーナス(100%スーパーチャージボーナスや100%クレジットボーナス)は、入金された資金が2倍になる豪華なもの。

ただ、FX口座に入金した資金は現金から徐々に消費され、入金額がなくなるとボーナスも消滅するシステムになっています。

要するに、ボーナス分はFXトレードでは使えないということ。ですから、メリットを挙げるなら、証拠金が2倍の状態でトレードをスタートできる点だといえます。

ボーナス分の出金はできないので、あくまで仮想の証拠金として利用できるイメージですね。

HotForexの評判や口コミを確認!出金拒否などのトラブルなし

ここからはHotForexを使ったユーザーの口コミや体験談をチェックしていきます。

  • 海外トレーダーの口コミや体験談
  • 国内トレーダーの口コミや体験談

の流れでリサーチした結果を紹介していきます。口座開設前にぜひ参考にしてみてくださいね。

海外FXの口コミ掲示板「FPA(Forex Peace Army)」の評価

HotForexは、海外トレーダーからの評判も良好です。

その証拠に、海外FX業者の情報が投稿されている口コミ掲示板「FPA(Forex Peace Army)」でも高評価になっていました。

評価は日本人から人気のXMTradingよりも上なのがわかります。

また、HotForexはレビュー数もかなり多く、海外トレーダーから相当高く評価されているのがわかりますね。

では、次に国内トレーダーの声をSNSの口コミから確認していきます。

国内トレーダーの口コミや評判

日本人トレーダーの声を集めてみました。

  • 今気がついたがhotforexでの運用中のFX。今週1週間だけで先月のプラスを越えてる…なかなか良い感じ。(Twitter
  • HotForexでコピートレードを3月スタート。原資13,179USD(約140万)現在14,584USD(約157万)+17万ぐらいで進んでます。ただ、それまでに他の自動売買ツールとか裁量とかで15万ぐらい溶かしている。(Twitter
  • hotforexのドル建て口座はまあまあの利益。元本の10万円は出金したので、あとは仮にゼロカットにあっても、損はしない。ただ、この口座の16000ドルを引き下ろせることを前提にカードを切りったので負けられない。(Twitter
  • hotforexちゃんとしていて信用できる。(Twitter
  • hotforexの出金にJCBの項目がないけどいけた(Twitter
  • HotForexの出金はやい。今朝に申請したとこやのにもう着金、bitwalletだけど。(Twitter

上記のようにHotForexの口コミを調べてみると、そのほとんどが良い評価のツイートです。出金のトラブルもなく、出金対応も早いので安心感があります。

HotForexユーザーでは実際に利益を出している人も多く、出金も出来ている点から、初心者~経験者まで安心して使える海外FX業者だといえますね。

HotForexには入金ボーナスがあるので、証拠金を2倍の状態にしてトレードをスタートできます。

\最大レバレッジ1,000倍!HotForexを確認してみる/

HotForexで口座開設をしてみる

HotForexの口座開設の流れ

次に実際のHotForexの口座開設画面とともに口座開設の方法を解説していきます。

HotForexで口座開設する手順をまとめると以下の通り。

◆HotForex口座開設の手順◇

  1. HotForex公式HPからメンバー登録する
  2. HotForex側から登録確認メールが受け取る
  3. マイページへのログインID・パスワードを受け取る
  4. マイページへログインしトレーダーの個人情報を登録する
  5. 身分証明書と住所確認書類をアップロードする
  6. 「口座開設完了メール」を受け取り詳細設定する

すべてネット上で完結するので面倒な手続は一切ありません。

ただ、本人確認書類の審査には時間がかかるので、急いでいる人は早めに申し込むのが良いでしょう。

それぞれの手順を詳しく紹介していきますね。

1.HotForexの公式HPからメンバー登録する

HotForex 口座開設

まず最初にHotForexの公式サイトよりメンバー登録を行います。

必要な項目は以下の通り。

  • 居住国
  • 電話番号
  • 名前
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 【プライバシーポリシーを読み承認する】にチェックを入れる

以上の必要項目をすべて入力して最後に【登録】を押下します。

2.HotForex側から登録確認メールを受け取る

ユーザーが登録したメールアドレス宛に「HotForex Registration」という件名のメールをHotForex側から受け取ります。

そのメールの中身に従って「法的文書」にすべて目を通し、最後に【口座有効化】をクリックします。

3.マイページへのログインID・パスワードを受け取る

口座有効化が完了するとHotForex側から改めてメールが送られてきます。

このメールの中身には、

  • myHotForex ID
  • myHotForex パスワード

が記されています。

このIDとパスワードを忘れると面倒なので、どこかにメモするなど保存しておくように注意しましょう。

4.マイページへログインし個人情報を登録する

メールで確認した専用IDとパスワードを用い、HotForexのマイページへログインします。マイページへ無事にログインすると、画面の右に【click here】というボタンがあるのでクリック。

そうすると、トレーダーの個人情報を入力する画面表示へと遷移します。

入力する項目は以下の通り。

  • 現住所
  • 口座開設する目的
  • 推定純価値
  • 推定年間所得
  • 年間取引の予定量
  • 資金源
  • 最終学歴
  • 現在の雇用状態

上記を登録し、その後は質問に従って「はい」か「いいえ」を選べばOK。こうして、すべての項目入力が終了したら、最後に【完了】ボタンをクリックします。

5.身分証明書と住所確認書類をアップロードする

次に行うのは、身分証明書と住所確認書類の2点をアップロードする作業です。

提出できる身分証明書は、

  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証

こちらは国内FXで口座を開設するときも必要となりますね。

提出できる住所確認書類は、

  • 公共料金の請求書あるいは領収書
  • カードや銀行の請求書あるいは利用明細
  • 携帯電話の請求書あるいは領収書
  • 住民票の写し
  • 健康保険証

などが利用可能で、いずれも有効期限内あるいは、6ヶ月以内に発行したものが対象です。

2つの書類のアップロードが終わると、HotForex側から「現在、審査中」というメールが送られてきます。

6.「口座開設完了メール」を受け取り詳細設定する

本人確認書類の審査が終わると、HotForexより「口座開設手続き完了」のメールが送付されてきます。

残りはあなたが実際にトレードする口座タイプ(ゼロスプレッド口座、マイクロ口座など)を選択し、次にレバレッジや口座通貨を選ぶ流れになります。

最後に【口座開設する】をクリックすればHotForexでの口座開設は無事に完了です。

\最大レバレッジ1,000倍!HotForexを確認してみる/

HotForexで口座開設をしてみる

HotForexの入出金方法を紹介します

HotForexには以下の方法で取引口座への入出金を行うことができます。

特に出金の早さに関しては、海外FX業者を選ぶときにも重要なポイントになるので要チェックです。

入金方法まとめ

入金方法については以下の通りです。

入金手段 最低入金額 入金時の手数料 反映される時間
クレジットカード JCB 口座タイプごとに異なる 無料 即時~当日以内
maestro
mastercard
VISA
VISA Electron
オンライン決済 Bitcoin
Bitcoin Cash
Crypto Payments
bitwallet
VLOAD

◆入金方法◇

  1. HotForexのマイページへログインする
  2. 画面右の【入金オプション】を選択
  3. 入金方法一覧から入金方法を選び【入金】をクリック
  4. 入金額を入力する

出金方法まとめ

HotForexで利用可能な出金方法は以下の通りです。

出金手段 最低出金額 出金にかかる手数料 反映される時間
クレジットカード JCB 5ドル 無料 2~10営業日
(※1)
maestro
mastercard
VISA
VISA Electron
オンライン決済 Bitcoin 5ドル 1~3営業日
Crypto Payments 100ドル 即日~
bitwallet 20ドル 即時~
VLOAD 100ドル 即日~

※クレジットカード会社次第で、反映までに数週間以上かかることもあります。

基本的に入金と出金は同じ方法でなければいけません。クレジットカード入金だと、入金額と同額しか出金はできません。理由はマネーロンダリング防止のため。

したがって、出金のこともあらかじめ考えた上で入金をbitwalletで行うのが良いでしょう。

◆出金方法◇

  1. HotForexのマイページへログイン
  2. マイページにある【入金】をクリック
  3. 出金方法の一覧から出金方法を選び【出金】をクリック
  4. 出金額を入力する

HotForexに関する疑問点まとめ

ここではHotForexに関する疑問点や注意点などに触れていきます。

FX口座を開設する前にぜひ一読してみて下さいね。

デモ口座はあるのか

HotForexには完全に無料で使えるデモトレード口座が準備されています。最大10万ドルまでの仮想証拠金を利用して、本番さながらのトレードを体験することができます。

しかも、賞金が獲得できるデモトレードのコンテストが定期的に開催されています。したがって、HotForexでの口座開設を悩んでいる人は、まずはデモ口座で仮想トレードを体験してみるのも有効です。

>>HotForexのデモ口座を確認してみる

日本語サポートの対応時間はどれくらいなのか

HotForexの日本語電話サポートは日本時間だと15:30~23:00で受付でき、メールの場合は24時間対応しています。

問い合わせ方法は下記の3種類あります。

日本語サポート種別 対応可能な時間帯 問い合わせ方法
メール 24時間受付可 support@hotforex.com
電話 日本時間15:30~23:00※平日の営業日 +442033185978
日本語のチャット 平日14:30~23:00(夏)
平日15:30~24:00(冬)
公式HPのライブチャットシステム

ロスカット水準はどれくらいなのか

HotForexのロスカット水準は、各口座タイプで異なります。

  • マイクロ口座:10%
  • ゼロスプレッド口座:20%
  • プレミアム口座:20%
  • AUTO口座:20%
  • PAMM口座:20%
  • HFCOPY口座:20%

HotForexの口座タイプは全6種あり、マイクロ口座以外のロスカット水準はすべて20%。20%は他のブローカーと比べてもやや低め~平均的な数値といえます。

スキャルピングに向いている口座はどれか

HotForexでスキャルピングトレードしたい人にオススメできる口座は、スプレッドが極めて狭いゼロスプレッド口座です。

しかし、ゼロスプレッド口座は入金ボーナスが適用されないので、まず初めに開設するFX口座はプレミアム口座やマイクロ口座を試してみるのがオススメ。

ボーナスを利用しながらFXをして、慣れてきたらゼロスプレッド口座を開設する流れが経験値も貯まるので良いでしょう。※HotForexは最大5タイプの口座まで無料で開設可能。

FX口座の維持費はかかるのか

それぞれの口座の維持費や口座を開設する手数料などは、まったく発生しません。完全に無料で複数口座を利用できます。

HotForexで法人口座は作れるのか

もちろんHotForexは法人口座も開設可能。口座開設のときに、ユーザー情報を入力するページで【個人】や【法人】を選択することができます。

HotForexの会社概要

HotForex 公式サイト

海外FX業者 HotForex
正式名称 HF Markets (SV) Ltd
本社所在地 Suite 305, Griffith Corporate Centre, P.O. Box 1510, Beachmont Kingstown, St. Vincent and the Grenadines.
金融ライセンス 登録番号: 22747 IBC 2015(セントビンセント&グレナディーン諸島ライセンス)
設立年月日 2010年4月20日
日本語サポート ライブチャット/メール/電話で可能
Eメール support@hotforex.com
電話番号 +442033185978
Googleマップ

【まとめ】HotForexは信頼性が高くメリットが多いブローカー

HotForex

ここまでHotForexの特徴(メリットやデメリット)、口座開設の流れなどを紹介してきました。

たしかに入金ボーナスは制約が多かったり、完全な信託保全が無いなどのデメリットもある海外FX業者ですが、

  • 最大レバレッジ1,000倍
  • ロスカット水準10%~20%
  • 約定力が高く安定している
  • 低スプレッド
  • 出金対応が早い
  • 金融ライセンスの複数取得
  • 35を超えるアワードを受賞
  • 海外トレーダーからの支持が厚い
  • 金融商品の取り扱いが豊富(150以上)

など、HotForexにはデメリット以上に多くのメリットがあります。

まさにHotForexはハイレバレッジのトレード、コピートレードやシステムトレードまで、あらゆるトレードが可能な海外FX業者といえます。

\最大レバレッジ1,000倍!HotForexを確認してみる/

HotForexで口座開設をしてみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました