IronFXの特徴/口コミ/評判/口座開設方法まとめ※出金拒否は本当?過去のトラブル内容とは

海外FX口座

IronFX(アイアンエフエックス)は「スワップポイントが高い」「スプレッドが低い」「レバレッジが最大1,000倍」という特徴を持っている海外FX業者です。

しかし、数年前にはトレーダーとの間でトラブルなどもあり、はっきり言うとそこまで推奨できる会社ではありません。

その理由は2つ。

  1. 数年前に突然日本から撤退している
  2. 出金の申請をしても断られるという事例があり、日本だけでなく世界中で大混乱し裁判に発展したことがある

しかし、以前はとても人気で魅力的な部分があるブローカーなのも事実。そのため、「IronFXについて詳しく知っておきたい」という人も多いはず。

そこで当記事では、

  • IronFXをあまり推奨できない理由
  • IronFXで取引した人の口コミや評判、体験談
  • IronFXのメリットやデメリット、特徴

など、IronFXについて過去に起きた出来事も含めて、詳しく紹介していきます。

主に前半で「口コミや評判」「安全性」について、後半で「IronFXの特徴やメリットやデメリット」「入出金の仕方」「口座の開設方法」についてまとめていきます。

やや長くなりますが、すべて読んでいただければIronFXで知っておくべき特徴や、何故あまりオススメできない業者なのかがわかるはずです。

>>【IronFX公式サイト】をチェックしてみる

  1. IronFXをあまりオススメできない3つの理由
    1. ①2014年に一度日本から突然撤退している
    2. ②未払い(出金を断られること)が多々あった
    3. ③分別管理はあるが資産は保証されない
  2. IronFXを利用した人の口コミや評判を調査!
    1. 世界の口コミは最悪⁉トラブルが多く詐欺業者判定か
    2. 日本国内の口コミや評判
  3. 【IronFXの特徴】メリット・強みを9つ紹介
    1. 1.口座の種類が7つもある
    2. 2.レバレッジは最大1,000倍・ロスカットの水準は20パーセント
    3. 3.ゼロカットシステムがある(追証はない)
    4. 4.NDD方式が取り入れられている
    5. 5.スプレッドが低くスワップポイントは高い
    6. 6.取り扱っている枚柄が200種類以上と非常に多い
    7. 7.入金の際につくボーナスが多い
      1. 100パーセント入金の「シェアボーナス」とは
      2. 40パーセント入金の「パワーボーナス」とは
      3. 20パーセント入金の「アイアンボーナス」とは
    8. 8.国内の銀行にお金を送れる・bitwallet入金ができる
    9. 9.平日なら24時間日本語サポート体制がある
  4. 【IronFXの弱み】デメリット・悪い特徴を5つ紹介
    1. STP方式とECN方式が自動的に変わってしまう
    2. ボーナスが貰えるのはDD方式の口座を選んだ場合だけ
    3. ロスカットの水準が80%(STP/ECN口座の場合)
    4. トラブルが多く一般的な信用度や安全性は低い
    5. 公式HPの一部は日本語対応していない
  5. IronFXの入金と出金の方法・手数料まとめ
    1. 入金方法と手数料・入金の流れ
    2. 出金方法と出金申請の流れ
  6. 【IronFX】口座開設の方法と流れを説明します
    1. 1.必須項目をすべて入力し口座開設の申請をする
    2. 2.設定したメールアドレスとパスワードでマイページへログイン
    3. 3.必要な書類を提出する
  7. IronFXの疑問点・よくある質問
    1. Q1.デモ口座でお試しすることはできますか?
    2. Q2.入金方法で一番オススメな方法は?
    3. Q3.マイページへログインできない時はどうすればいい?
    4. Q4.口座を維持するための費用はいくら?
    5. Q5.IronFXの7つの口座のうち一番おすすめなのは?
    6. Q6.日本語カスタマーサポートを利用できる日時は?
  8. IronFXを運営管理している会社概要
  9. 【まとめ】IronFXはトラブルが多い海外FX業者だが魅力もある

IronFXをあまりオススメできない3つの理由

IronFX オススメできない理由

IronFXをそれほどオススメしない理由は以下の3つが挙げられます。

  1. 2014年に一度日本から突然撤退している
  2. 未払い(出金を断られること)が多々あった
  3. 分別管理はあるが資産は保証されない

これらは一体どういうことなのか…詳しく説明していきます。

①2014年に一度日本から突然撤退している

数年前IronFXは、日本でとても人気の海外FX業者で利用者も多かったです。

しかし、2014年1月に何の前触れもなく日本から撤退するとニュースで伝えられユーザーは大混乱。

IronFXはなぜ突然日本撤退したのか?それは「今後は日本のFX業者として事業を行っていくから」という理由でした。

突然の撤退宣言で方向転換をしようとしたIronFXですが、結果は失敗。日本の金融庁から事業の承認が下りなかったのです。

2015年2月には「海外FX業者」としてサービスを再開させましたが、もうこの時点で日本人の利用者からの信頼はゼロ…。

IronFXは撤退すると発表したときに、利用者のことをまったく考えず身勝手なことを3つしています。

  • 新しく口座を開設する手続き(追加で開設することも)を止めた
  • トレード口座を突然止めた
  • ユーザーが保有していたポジションを勝手に決済した

もちろん利用者には何の連絡もなかったため市場は大混乱。利用していた人からすると衝撃も大きく納得できるものではありません。

また、IronFXで働いていた社員に対しても全員解雇というあまりにもひどい対応をしています。

IronFXの利用者だけでなく、社員に対して何もフォローがなくすべて敵に回してしまい信頼性がなくなりました。

②未払い(出金を断られること)が多々あった

IronFXは未払いが多いと世界中から報告されていました。

中国での事例ですが『Global Investment社』は2013年、ユーザーから出金の申請があっても断り続け、未払い額が2,000,000,000円~3,000,000,000円に膨れ上がり大きな事件に発展することに。

この時はユーザーが大激怒し、会社の窓が割られるだけでなく、包丁を片手にトレーダーが侵入し一部暴動が起こったのです。

もちろん、このような事件に発展してから普通に続けられるはずもなく、中国のIronFXの子会社は営業をやめ、働いていた社員およそ600人も強制的に辞めることになりました。

ちなみに、IronFXの本社(キプロス共和国)で働いていたスタッフ(中国に対応していた社員)もおよそ100人突然辞めさせられています。

この他にも事件やトラブルは後を絶ちません。

  • ヨーロッパや中東でも出金拒否の報告が相次ぐ
  • コロンビアでは営業の許可が下りていないにも関わらず事業を始め、結局営業停止処分になった
  • 日本で事業再開した2015年2月以降も未払いがあった

以前は利用者が多く人気のあった海外FX業者の一つだったのですが、現在は避けた方が良いブローカーといえます。IronFXを利用して被害に巻き込まれる可能性もありますからね。

世界中で問題を起こしている業者なので、FX初心者は特にやめておいた方がいいでしょう。

③分別管理はあるが資産は保証されない

IronFXでは「分別管理」はもちろんありますが「信託保全」ではありません。

  • 信託保全→ユーザーの資産を第三者機関へ預ける資金管理方法。万が一、FX業者が倒産しても一定額もしくは全額が保証される仕組み。
  • 分別管理→ユーザーの資産を業者の資産と分別して管理する方法。万が一、FX業者が倒産したとしてもトレーダーの資金は保証されない。

つまり、これから先に業者が破綻した場合や日本撤退ということが起きても利用者の資金保証はないということ。

IronFXは現在世界に子会社が4つあります。

4つの子会社は世界の地域ごとに金融ライセンスが違うのですが、日本でIronFXを利用する際は自動的にバミューダの金融ライセンス(BMA)を使うことになります。マイナーライセンスなので保証は一切ありません。

せっかく資産が増えても、また何かトラブルが起きてしまったら自分の資産は0円になってしまうことも考えられます。

もし「保証がしっかり付いている業者を利用したい」というなら

などの海外FX業者がオススメします。

IronFXを利用した人の口コミや評判を調査!

IronFX 口コミ 評判

それでは、実際にIronFXを利用した人の口コミや評判、出金拒否について確認していきましょう。

世界中で利用されているFX業者なので、

  1. 世界のトレーダーの口コミ評判
  2. 日本のトレーダーの口コミ評判

に分けて紹介していきますね。

世界の口コミは最悪⁉トラブルが多く詐欺業者判定か

世界中の人が投稿できる最大級のFX口コミ掲示板サイトFPA(Forex Peace Army)を参考に、口コミや体験談をチェックしてみました。

まず、口コミサイトのFPAについて紹介します。

FPAは世界中のトレーダーたちが書き込める口コミ投稿サイトです。今書き込まれた口コミを随時確認することができるのでとても参考になります。

これから海外FXを始めようかなと考えている人は一度チェックしてみましょう。そこで、FPAにてIronFXの口コミを探してみたところ、残念ながらIronFXの評価は「SCAM(スキャム)」。

要するに「詐欺業者」という判定になっているということ。日本だけでなく各国で出金拒否(未払い)があり、トレーダーたちの怒りがサイトを通して伝わってきますね。

実はFPA(Forex Peace Army)で「SCAM」と判定される業者はとても珍しいです。

出金を拒否するだけでは、そう簡単にスキャム判定はされません。出金拒否だけでなく、他にも様々なトラブルが多く報告されているのでスキャム判定されてしまったわけです。

これはつまり、IronFXは数多くある海外FX業者の中でも「トラブルが起こりやすいブローカー」と判断されているということ。

日本国内の口コミや評判

世界中の人の口コミでは「出金できなかった」という人が多く、IronFXはスパム判定されていましたが、日本ではどうなのでしょうか。Twitterを中心に調査しました。

  • IronFX、出金出来ないって問題になってたけど、3ケタ普通に出金できたよ。3ケタでできないことはないと思うよ(笑)(Twitter
  • IronFXは日本の場合出金拒否は絶対にできません。もし拒否したら事業は継続できないでしょう。利用者が不正に取引したりサーバーを変えて裁定取引をしたらダメですが、普通なら出金可能です。IronFXはサタンプロジェクトを認めているので不正取引にもなりません(Twitter
  • IronFXは出金拒否の報告が多いすごく悪い業者!一度入金したら二度と出金できないと思っていた方がいいです。(Twitter
  • 数万ドル出金拒否されています。どうしようか路頭に迷っています。(Twitter
  • 以前IronFXのMAM講座を作成してトレードしてたけど、何事もなく出金できたよ。トラブルはありませんんでした。(Twitter
  • IronFXさん、早く出金手続きしてくれ!(Twitter

出金拒否については賛否両論分かれていました。

IronFXの口コミをまとめると以下の通り。

  • 出金を拒否され続けている
  • 何事もなく出金は出来た
  • 出金の手続きにとても時間がかかっている

日本でも出金を断られてしまった人が実際にいるため、安心して利用できる業者とは言えません。

わざと悪い口コミを流すような人もいるかもしれませんが、今からわざわざIronFXを利用したいと考える人は少なそうです。

口コミからもわかる通り、万が一出金できなかったらと考えると怖いですよね。

しかし、「IronFXは出金できない」というトラブル以外のことに注目すると、他の海外FX業者にはない魅力があるのは確かです。どうしても一度試してみたい人もいますよね。

次からは「IronFXの特徴(メリットやデメリット)」「口座の開設の仕方」などをまとめていきます。

【IronFXの特徴】メリット・強みを9つ紹介

IronFX メリット 強み

IronFXを利用するメリットや良いところ、トレーダーから評価されている強みを9つ紹介します。

  1. 口座の種類が7つもある
  2. レバレッジは最大1,000倍/ロスカットの水準は20%
  3. ゼロカットシステムがある(追証はない)
  4. NDD方式が取り入れられている
  5. スプレッドが低くスワップポイントは高い
  6. 取り扱っている枚柄が200種類以上と多い
  7. 入金の際につくボーナスが多い
  8. 国内の銀行にお金を送れる/bitwallet入金ができる
  9. 平日なら24時間日本語サポート体制がある

これまでトラブルが多々あったIronFXですが、魅力的なメリットはあるので資金に余裕がある人は試してみる価値はあります。

ではひとつずつ詳しくまとめていきます。

>>IronFXの公式サイトを確認してみる

1.口座の種類が7つもある

IronFXは以下の7つの口座を準備しています。

  • MICRO(ライブ口座)
  • PREMIUM(ライブ口座)
  • VIP(ライブ口座)
  • ZERO FIXED(ライブ口座)
  • NO COMMISSION(STP/ECN口座)
  • ZERO SPREAD(STP/ECN口座)
  • ABSOLUTE ZERO(STP/ECN口座)

これら7つの口座の違いについて比較していきます。

口座の名前 MICRO PREMIUM VIP ZERO FIXED NO COMMISSION ZERO SPREAD ABSOLUTE ZERO
口座の種類 ライブ口座(DD方式) STP/ECN口座(NDD方式)
最狭スプレッド 1.8 1.6 1.4 0 1.7 0 0.3
手数料 かからない  9ドル~  かからない 6.75ドル~
入金できる最低額 100ドル 1,000ドル 10,000ドル 500ドル 500ドル
レバレッジ 1,000倍 500倍 200倍
口座通貨 USD, EUR, GBP, AUD, JPY, BTC, PLN, CZK USD, EUR, GBP, AUD, JPY, BTC, PLN, CZK USD USD, EUR USD, EUR, JPY, BTC USD, EUR, JPY USD, EUR, JPY
取引できる最小単位 0.01Lot 0.01Lot
取引できる最大数量 無制限 60Lot
ポジション数(最大) 無制限 無制限
マージンコール 40% 100%
ロスカット水準 20% 80%
ゼロカットシステム あり
電話対応 あり
mail あり
問い合わせ用ライブチャット あり
トレードに関するホットライン あり
資産保護 分別管理のみ

レバレッジを最大1,000倍にしたい人は「DD方式」の口座を選ぶようにしましょう。

ちなみに「NDD方式」の口座を選んだ場合は以下のよう取引の条件が変わります。

  • レバレッジは最大200倍
  • マージンコールは100%
  • ロスカット水準は80%

正直、IronFXを使う意味は無くなってしまいますね。他の海外FX業者には「NDD方式」でレバレッジ最大1000倍のところがあります。

ロスカット水準もIronFXよりも低い事業者はあるので、他の海外FX業者もチェックしてみましょう。

2.レバレッジは最大1,000倍・ロスカットの水準は20パーセント

IronFXは最大レバレッジが1,000倍です。(1,000倍まで選ぶことが出来るのはライブ口座だけなので注意)

これは海外FX業者の中でも高い方です。レバレッジを高くかけてトレードすると、ほんの少しのレート変動でもロスカットされる確率は高まります。

反対に低いロスカット水準ならレートが大きく変動してもある程度は耐えられます。

ロスカット水準を一番に考えているトレーダーも多いですが、IronFXはロスカット水準は20パーセントほどなので他社と比較しても低め。

IronFXの魅力は「資金効率を高めることが可能なところ」と言えます。

もう一度まとめると以下の通り。

  • レバレッジは最大1,000倍
  • ロスカット率は20パーセント
  • マージンコールは40パーセント

IronFX(ライブ口座)の基本スペックはこのようになっています。

3.ゼロカットシステムがある(追証はない)

ゼロカットシステムは多くの海外FX業者で取り入れていますが、IronFXももちろん採用しています。

ゼロカットとは「口座の残高が万が一マイナスになってしまっても、そのマイナスになった金額を業者が補填してくれる」というシステムです。要するに、残高をゼロに戻してくれるということ。

トレーダーは借金を抱えることが一切ありません。レバレッジを高くかけてハイリスク・ハイリターンのトレードをしても安心。もし上手くいかなくても自分の口座残高が0になるだけです。

IronFXにはゼロカットシステムが整っているので、最大1,000倍のレバレッジにしても借金を背負うことはありません。

4.NDD方式が取り入れられている

IronFXにはNDD方式が取り入れられています。

NDD方式とはNone Dealing Desk(ノン・ディーリングデスク)の略。FXの企業を通さないで金融機関と直接トレードする取引方法のことを言います。NDD方式ならトレーダー側にとって、都合が良い状態で取引しやすい点が特徴。

NDD方式を業者側が採用する理由は手数料。たくさんトレードしてもらうことで手数料が多くとれる仕組みになっています。

反対に、DD方式というものがあります。IronFXのライブ口座はDD方式になっていますが、DD方式は業者と自分の1対1で取引をするということ。これはつまり、トレーダーが利益を上げるとその分FX業者は損していることになります。

タイミングによっては、トレーダー側が決済したいときにできず…思っていたように売買が成立しない場合もありえます。

ですから、

  • NDD方式はトレーダー側にメリットが多い
  • DD方式はトレーダー側が損することもある

と言えるわけです。

IronFXを利用する場合、STP/ECN口座を選べばオープンなトレードが可能。

それに対して、ライブ口座を選択すればDD方式が使えますのでレバレッジを1,000倍に設定することもできます。もし利用するときは気を付けてくださいね。

5.スプレッドが低くスワップポイントは高い

IronFXの口座タイプは7種類ありますが、選ぶ口座タイプによってスプレッドが違います。

自分のトレードスタイルに合った口座を自由に選ぶことが可能。他社と比較すると分かりやすいですが、IronFXにはスプレッドが狭い口座もあります。スキャルピングしたい人にも推奨します。

他の海外FX業者と比較してみました。

口座の種類 NO COMMISSION(STP口座) ABSOLUTE ZERO(ECN口座)
ブローカー名 IronFX XMTrading AXIORY Tradeview IronFX XMTrading AXIORY Tradeview
取引にかかる手数料 なし なし なし なし なし 10ドル
(片道5ドル)
6ドル
(片道3ドル)
5ドル
(片道2.5ドル)
ドル/円 1.7pips 1.7pips 1.3pips 1.8pips 0.2pips 0.4pips
(1.4pips)
0.5pips
(1.1pips)
0.2
(0.7pips)
ユーロ/円 2.5pips 2.5pips 1.5pips 1.9pips 0.4pips 0.5pips
(1.5pips)
0.7pips
(1.3pips)
0.4
(0.9pips)
ユーロ/米ドル 1.7pips 1.7pips 1.4pips 1.7pips 0.2pips 0.3pips
(1.3pips)
0.3pips
(0.9pips)
0.2
(0.7pips)
英ポンド/米ドル 1.9pips 2.2pips 1.6pips 2.4pips 0.4pips 0.3pips
(1.3pips)
0.2pips
(0.8pips)
0.4pips
(0.9pips)
英ポンド/円 2.7pips 3.6pips 2.5pips 2.3pips 0.2pips 0.7pips
(1.7pips)
1.0pips
(1.5pips)
0.5
(1.0pips)
豪ドル/円 4.8pips 2.5pips 2.1pips 2.6pips 2.5pips 0.9pips
(1.9pips)
0.9pips
(1.4pips)
0.5
(1.0pips)
カナダドル/円 4.5pips 3.5pips 2.2pips 2.9pips 2.5pips 1.0pips
(2.0pips)
1.1pips
(1.6pips)
0.7
(1.2pips)
豪ドル/米ドル 2.1pips 2.0pips 1.8pips 1.9pips 0.5pips 0.5pips
(1.5pips)
0.6pips
(1.1pips)
0.2
(0.7pips)

他社と比べるととても分かりやすいですよね。たとえば、IronFXの7つある口座のうち「ABSOLUTE ZERO口座」ならスプレッドが狭いです。

それに、IronFXの特徴として「スワップポイントが高い」というものもあるので、中長期を狙うトレードをしたい人にオススメできます。

たとえば、買いスワップでは、

  • TRY/JPY
  • USD/CHF
  • NZD/CHF

などが通貨ペアでスワップポイントは高くなる傾向にあります。それに対して売りスワップなら、

  • EUR/TRY
  • GBP/TRY
  • USD/TRY

の通貨ペアでスワップポイントが高く獲得できます。自分のトレードスタイルに合った口座を選んで使い分けると上手くいくはずです。

6.取り扱っている枚柄が200種類以上と非常に多い

IronFXは取り扱っている枚柄が非常に多いのも特徴。

84種類以上のFX通貨ペアというのも魅力的ですが、それだけではありません。取り扱っている金融商品は以下のようになっています。

  • FX通貨ペアは84種類以上
  • 貴金属は6種類
  • 株価指数は19種類
  • コモディティCFDは19種類
  • 先物は26種類
  • 株式は145種類

メジャーな通貨はもちろん、マイナーな通貨もたくさん取り扱っています。また、他の金融商品の種類も多いので、自分が扱いやすいものを選びトレードすることができますね。

IronFXにはゼロカットシステムが採用されているので、慣れていない商品でもレバレッジを大きく設定してスキャルピングに挑むことが可能です。

7.入金の際につくボーナスが多い

IronFXには入金の時に付くボーナスが3種類あります。(ボーナスが付くのはライブ口座だけなので気を付けてください)

  • シェアボーナス(100%入金される)
  • パワーボーナス(40%入金される)
  • アイアンボーナス(20%入金される)

3つのボーナスの違いや条件についてまとめていきます。

(先に言ってしまうと、アイアンボーナスにメリットはほぼありません。選ぶ際はシェアボーナスかパワーボーナスがおすすめです)

100パーセント入金の「シェアボーナス」とは

シェアボーナスは、入金した金額の100パーセントの金額がボーナスとしてもらえます。

シェアボーナスに最大限度額はありません。もし7万円入金すればそのまま7万円がボーナスとしていただけます。トレードは100,000円から行うことが可能。

ただし注意点があります。出金すると利益の半分がなくなってしまうのです。

もし損失してしまったときは、損失の50%を自分で支払うことになるか、残りの50%がボーナスから引かれてしまいます。

ボーナスの出金ができないのも注意しましょう。

40パーセント入金の「パワーボーナス」とは

パワーボーナスは、入金した金額の40パーセントの金額がボーナスとしてもらえます。

利益はすべて出金ができるので、この点がシェアボーナスとの違いです。損失した場合は全額負担。

ボーナスの最大限度額は決まっていて、最大1,000,000円です。ボーナスの出金は、シェアボーナスと同じく対応していません。

20パーセント入金の「アイアンボーナス」とは

アイアンボーナスは、入金した金額の20パーセントがボーナスとしてもらえます。

条件や決まりはパワーボーナスと一緒。なのでアイアンボーナスを選択するならパワーボーナスを選ぶようにしましょう。

わざわざアイアンボーナスを選ぶ意味はないといえます。

8.国内の銀行にお金を送れる・bitwallet入金ができる

IronFXは入金方法を以下の7つから選ぶことが可能。

  • クレジットカード
  • 国内銀行送金(楽天銀行)
  • 海外銀行送金
  • 暗号通貨
  • PerfectMoney
  • astropay
  • Bitwallet
  • ユニオンペイ(利用不可)

国内の銀行にも送金OK。5万円以上の入金で国内の銀行なら手数料はかかりません。

さらに入金方法も7種類から選べるのでいつでも手軽に入金ができますね。しかし、注意したほうがいいことが一つあります。

それは入金した方法と出金するときの方法は同じにしないといけないことです。

具体的な例を紹介します。クレジットカードを使って10万円入金したら、入金額と同じ10万円しか出金はできません。利益が出ていたら海外銀行送金となります。

なぜこのような仕組みになっているのかというとマネーロータリングを防ぐためです。

ちなみに7つある入金方法のうち「bitwallet」はとても便利。利益分の出金には「bitwallet」を使うことが多いので、始めからbitwalletを使って入金すれば手間がかかりません。

また、bitwalletは入出金にかかる手数料がお得です。手続きをした後もすぐに反映され、営業している日なら60分以内に手続きが終わります。

  • bitwalletからIronFXへの入金にかかる手数料はゼロ
  • IronFXからbitwalletへの出金にかかる手数料もゼロ
  • bitwalletから国内の銀行への手数料は一律824円

9.平日なら24時間日本語サポート体制がある

IronFXは日本人向けに公式HPが対応しているだけでなくサポート体制も整っています。

対応についての詳しい情報は以下の通り。

サポート方法 対応可能時間 問い合わせアドレス・番号
Email 営業日なら24時間以内に返信される support@IronFX.com
TEL 平日(月~金曜日)

24時間対応

+44(0) 203 282 7777
ライブチャット(日本語) 公式サイトのライブチャットシステムから可能)

問い合わせには日本人の社員が対応してくれるので安心です。

「海外FX業者」だと英語ができない人は不利と感じている人もいますが、IronFXは「よくある質問」も日本語でしっかり書かれています。

口座を開設する一番始めの段階から入出金の手続き方法まで、サポートがあるので万が一わからないことがあっても大丈夫。ネットからの問い合わせなら24時間以内には返事がきます。

IronFXは海外FX業者ですが、日本のFX業者と同様の感覚でサービスを使うことが可能です。

>>【IronFX公式サイト】をチェックする

【IronFXの弱み】デメリット・悪い特徴を5つ紹介

IronFX デメリット 弱み

IronFXの悪い点(デメリットや弱み)を5つまとめていきます。

  1. STP方式とECN方式が自動的に変わってしまう
  2. ボーナスが貰えるのはDD方式の口座を選んだ場合だけ
  3. ロスカット水準が80%(STP/ECN口座の場合)
  4. トラブルが多く一般的な信用度や安全性は低い
  5. 公式HPの一部は日本語対応していない

それでは一つずつ詳しく説明していきます。

STP方式とECN方式が自動的に変わってしまう

IronFXにはSTP方式とECN方式があります。この2つの方式は、マーケットのボラティリティによって自動的に変わってしまうため注意しなければいけません。

どちらも「NDD方式」なのですが大きな違いがあります。

STP方式…リクイディティ・プロバイダーと取引する

ECN方式…他のトレーダーとオークション形式で取引する

完全なECN口座ではないため気を付けましょう。

ボーナスが貰えるのはDD方式の口座を選んだ場合だけ

IronFXのボーナスは「DD方式」のライブ口座を選んだ場合のみ適用されます。

ボーナスが付くほうが良いという人は、必ずDD方式の口座を選びましょう。

「NDD方式」を選択した場合はボーナスがつかないため、気を付けてくださいね。

ロスカットの水準が80%(STP/ECN口座の場合)

「STP/ECN口座」の場合、ロスカットの水準が80%になるので注意しましょう。

ちなみにその他の設定基準は

  • 最大レバレッジは200倍
  • マージンコールは100%

です。

「ライブ口座」ならロスカット水準は20%で他の設定基準は以下のようになっています。

  • 最大レバレッジは1,000倍
  • マージンコールは40%

「STP/ECN口座」のロスカット水準とマージンコールだけを比較した場合、国内のFX業者とほとんど差がありません。資金管理は慎重にしましょう。

スプレッドが狭いこと関しては魅力的ですが、ボーナスが付かないことやレバレッジは200倍までしか設定できないなどのデメリットがあります。どちらを選ぶかは自分のトレードスタイルに合わせて検討しましょう。

トラブルが多く一般的な信用度や安全性は低い

当記事の前半部分でお伝えしましたが、IronFXは過去に何度もトラブルを起こしています。そのためどうしても信用度や安全性は低いです。

理由は以下の3つ。

  1. 2014年に一度日本から突然撤退している
  2. 未払い(出金を断られること)が頻繁にあった
  3. 分別管理はあるが資産は保証されない

このようなことが起こった後なので、IronFXの利用に不安を感じている人も多いです。

それでもIronFXでトレードをしてみたいという人は以下のような使い方がおすすめ。

  • 第2の口座として利用する
  • 高額入金はせず少額資金で投資する

リスク分散をして利用しましょう。

公式HPの一部は日本語対応していない

IronFXの公式HPは日本語対応されていますが、部分的に読みにくい箇所があります。

それに加え、英語表記のままで日本語になっていないページも存在します。

しかし、サポート体制は整っているので、もし疑問点があればメールや電話で問い合わせることは可能。もし分からないことがあっても問題はすぐに解決できます。

以下が問い合わせ方法や、問い合わせ先の詳細です。

サポート方法 問い合わせアドレス・番号
Email support@IronFX.com
TEL +44(0) 203 282 7777
ライブチャット(日本語) 公式サイトのライブチャットシステムから可能)

IronFXの入金と出金の方法・手数料まとめ

IronFX 入金 出金方法

IronFXの入金・出金の方法を詳しく紹介していきます。

取引にかかる手数料についてもまとめました。

入金方法と手数料・入金の流れ

IronFXの入金方法と、入金にかかる手数料は以下のようになっています。

入金手段 入金できる最低額 入金にかかる手数料
クレジットカード 口座タイプによって違う
(100ドル~1万ドル)
かからない
国内銀行送金(楽天銀行) 10ドル
(5万円以上の入金で0円)
海外銀行送金
暗号通貨 かからない
PerfectMoney
astropay
bitwallet

入金の流れ

  1. IronFXへログインしマイページに入る
  2. 「資金の入力」というボタンをクリックする
  3. 入金方法一覧から入金の方法を選ぶ
  4. 必要な情報を入力し入金額を設定する
  5. 入金の申請をクリックする

出金方法と出金申請の流れ

出金できるのは以下のとおりです。

  • クレジットカード
  • 海外銀行送金
  • 暗号通貨
  • PerfectMoney
  • astropay
  • bitwallet

出金は、入金で使った方法と同じものを使わなければいけません。

クレジットカードを使って入金したら、出金できるのは入金した額と同じ金額です。利益が出ていたら、その分は海外銀行送金/bitwalletでの出金が前提。ちなみに他の手段を選べない理由は、不正な資金洗浄などのマネーロンダリングを防ぐためです。

利益分は海外銀行送金/bitwalletのみと考えると、入金も国内銀行送金・bitwalletで行ったほうが二度手間になりませんね。

◆出金の流れ◇

  1. IronFXへログインしマイページに入る
  2. 『出金』というボタンをクリック
  3. 出金方法一覧から出金方法を選択する
  4. 必要な情報を入力し出金額を設定する
  5. 出金申請をクリックする

【IronFX】口座開設の方法と流れを説明します

IronFX 口座開設方法

IronFXの口座開設について流れや必要な書類などをまとめていきます。

口座の開設はとても簡単で、5分あれば完了です。基本的な流れは3ステップ。

  1. 必須項目をすべて入力し口座開設の申請をする
  2. 設定したメールアドレスとパスワードでマイページへログイン
  3. 必要な書類を提出する

それではさらに詳しく流れをまとめていきます。

1.必須項目をすべて入力し口座開設の申請をする

FX口座を申請するために必須の情報は以下のとおりです。すべて入力しないと登録はできません。

  • 下の名前(ローマ字入力)
  • 苗字(ローマ字入力)
  • メールアドレス
  • 住んでいる国(選択)
  • 携帯番号
  • 口座タイプ(7つから選択)
  • ボーナスカテゴリー
  • 通貨ベース(口座の通貨)
  • レバレッジ(1~1,000)
  • パスワード(入力と確認用で2回入力)

入力する項目は以上です。

利用規約やプライバシーポリシーを読んで合意したら【口座を開設】ボタンをクリックして終了です。

2.設定したメールアドレスとパスワードでマイページへログイン

設定が終わったら、登録したメールアドレス宛にメールが届いているはずです。メールの中身には、「ユーザー名」「パスワード」の2つが記載されているので確認しましょう。

(もしメールが届かない場合は入力したメールアドレスが間違えていた可能性があります。もしくは迷惑メールフォルダに入っているかもしれません)

IronFXの公式サイトにアクセスし、送られてきたユーザー名とパスワードを入力してマイページへログインしましょう。

3.必要な書類を提出する

無事にIronFXのマイページにログインができたら、後は必要書類を提出するだけです。

必要となる書類は2つ。

  • 身分を証明できるもの(運転免許証/パスポート/住民基本台帳など)
  • 住所を確認できる書類(公共料金の支払い証明書/銀行の明細/クレジットカードの明細書など)

自分のスマートフォンで書類の写真を撮りパソコンに送信。そして、その写真をPCからIronFXの申請画面へアップロードするという流れになります。

IronFXの口座開設のステップは以上で完了。わずか3ステップなのでとても簡単ですね。

IronFXの疑問点・よくある質問

IronFX 疑問点

IronFXの疑問点やよくある質問、問い合わせで多い質問などをまとめてみました。

口座開設前に少しでも不安を解消しておきましょう。

Q1.デモ口座でお試しすることはできますか?

IronFXはデモトレード用の口座があるので、リアル口座を開設する前に試してみることが可能です。

デモトレード口座では開設にかかる手数料などは一切発生しません。IronFXの口座を開設する前に一度使いやすさなどを確認しておきたい人は試してみましょう。

>>>IronFXのデモ口座を確認してみる

Q2.入金方法で一番オススメな方法は?

取引にかかる手数料や管理について、総合的に見るとbitwalletで入出金するのが一番おすすめです。

  • bitwalletからIronFXへの入金にかかる手数料はナシ
  • IronFXからbitwalletへの出金にかかる手数料はナシ
  • bitwalletから国内の銀行にかかる手数料は一律824円

また、営業日なら手続きも迅速です。反映されるまで60分ほどなのでとてもスムーズです。

Q3.マイページへログインできない時はどうすればいい?

マイページへログインできないときは何かしらのミスや不具合が考えられます。

以下の対処法で試してみましょう。

  • ユーザー名とパスワードが間違えている→半角や小文字に注意する
  • ブラウザで何かしらの不具合が発生している→ブラウザを変える(Google chromeなど)
  • IronFX側で何かしらの不具合が発生している→一旦待つ、問い合わせる

ログインできないときは焦らず、もう一度ユーザー名とパスワードを確認しましょう。

Q4.口座を維持するための費用はいくら?

FX口座を維持管理するための費用は完全に無料。もちろん、口座を開設するときも手数料などはかかりません。

IronFXは複数の口座を無料で使い続けることができるので安心です。

Q5.IronFXの7つの口座のうち一番おすすめなのは?

IronFXで口座開設をするなら、ABSOLUTE ZERO口座がおすすめです。

STP/ECN口座でも手数料がかかりません。また主要通貨のスプレッドも狭いのでスキャルピングには最適な口座と言えます。

Q6.日本語カスタマーサポートを利用できる日時は?

日本語サポートは平日24時間が対応可能になっています。(月曜日から金曜日ならいつでもOK)

問い合わせ方法以下の3つから選べます。

日本語サポート 対応している時間帯 問い合わせ先アドレス・番号
①Mail 営業日24時間以内に返信 support@IronFX.com
②TEL 平日(月~金曜日)

週5日24時間

+44(0) 203 282 7777
③ライブチャット IronFX公式サイトのライブチャット

IronFXを運営管理している会社概要

IronFXの本社情報や会社概要は以下の通りです。

ブローカー名 IronFX
会社の名前 8Safe Limted
キプロス
本社の住所 2, Iapetou Str., Agios Athanasios, 4101 Limassol, Cyprus
ライセンス
(金融ライセンスNo.)
FCA (585561)
ASIC(417482)
FSB(45276)
CySEC(125/10)
創業 2010年
日本語カスタマーサポート あり(Mail・TEL・ライブチャット)
メールアドレス(問い合わせ用) support@IronFX.com
電話番号(問い合わせ用) +44(0) 203 282 7777
Google マップ

【まとめ】IronFXはトラブルが多い海外FX業者だが魅力もある

IronFXについて、これまでのトラブル内容や安全性、特徴、口座開設方法などをまとめてきました。

一度日本から突然撤退していて、世界中でも未払いが多いとあまり評判は良くない海外FX業者です。それに、世界中の人が投稿できる口コミ掲示板サイト【FPA】ではSCAM(詐欺業者)と判定されているので、もし利用するならよく考えてからのほうが良いでしょう。

魅力的な部分もありますが、他の海外FXブローカーもチェックしながら慎重に検討してみましょう。

>>>【IronFX公式サイト】をチェックしてみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました